F1 2019 第20戦・ブラジルGP 決勝:ホンダパワー、ワンツー!! マックス・フェルスタッペン優勝。ピエール・ガスリー2位!

スポンサーリンク


Photo by Takayuki Suzuki

 

本田宗一郎さんの誕生日にF1ブラジルGPは最高の結果になりました。

レッドブル:フェルスタッペン、トロロッソ:ガスリーがワンツーです。

フェルスタッペンはポールトゥウインです。

終盤から荒れた展開に

52周、ブラジルGPはバルテリ・ボッタスのエンジントラブルから、セイフティカー導入。荒れた展開になります。

さらに66周、フェラーリのベッテル、ルクレールの接触。
またもやセイフティカーが。

フェラーリが2台ともリタイヤすることで、リスタート時はフェルスタッペン、アルボン、ガスリー、ハミルトンの順。

ホンダーパワー vs ハミルトンという図式になりました。
しかし、ハミルトンはセイフティカー導入でソフトタイヤに履き替えたため、有利な状況。

残り2周というところでハミルトンのアタックが開始されます。

2番手走行のアルボンがハミルトンと接触
ピエール・ガスリー2位表彰台

ハミルトンのアタックによって、アルボンがコース外にはじき出され、ハミルトンはフロントウイングにダメージを負ってしまいます。

ハミルトンは、最終ラップ、ガスリーを攻めますが、オーバーテイクできず。

最終コーナーをクリップしての立ち上がりは、ガスリーの車がハミルトンより半車身優っていました。2位です!
ホンダパワーの勝利を印象づけてくれました。

ガスリーがトロロッソに降格されたときは2位表彰台に上がるとは思ってもみませんでした。

フェルスタッペン圧勝

フェルスタッペンは、1回目のタイヤ交換と最初のセイフティーで、ハミルトンに先行を許しますが、リスタートと同時にオーバーテイク。

ストレートでホンダのエンジンは強力でした。

第1コーナーでズバッと抜いていくフェルスタッペンがカッコよかった。

インテルラゴス・サーキットは800メートルの高地。
ホンダエンジンは高地で強い印象です。
回生パワーか、ターボチャージャーが他のエンジンより優っていると思われます。

なんにせよ、フェルスタッペンの3勝目がうれしかった。

結果

F1 2019 第20戦 ブラジルGP
インテルラゴス・サーキット(アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ)– 全71周(2019.11.17)

 

4km程度の短いサーキット。
コース幅も狭い。

抜き処はホームストレート・エンドの第1コーナーである。

 

順位 ドライバー チーム ポイント
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 25
2 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 18
3 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 15
4 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 12
5 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 10
6 ダニエル・リカルド ルノー 8
7 ルイス・ハミルトン メルセデス 6
8 ランド・ノリス マクラーレン 4
9 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 2
10 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1
11 ケビン・マグヌッセン ハース
12 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
13 ロマン・グロージャン ハース
14 アレクサンダー・アルボン レッドブル・ホンダ
15 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
16 ロバート・クビサ ウィリアムズ
r(65) セバスチャン・ベッテル フェラーリ
r(65) シャルル・ルクレール フェラーリ
r(65) ランス・ストロール レーシング・ポイント
r(51) バルテリ・ボッタス メルセデス

ファステストラップ:バルテリ・ボッタス(1:10.698)
※リタイアのためポイントならず。

ハミルトンはアルボンとの接触でレース後、5秒加算ペナルティーを受け、7位に降格されています。
ハミルトンが接触無しでレースを遂げていたら、2位には食い込んでいたでしょう。
その場合はガスリーの表彰台は無かったかな。かわりにアルボン3位。

繰り上がったカルロス・サインツの表彰台、シャンパンファイトを見たかった気がします。

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 387
2 バルテリ・ボッタス(メルセデス:77) 314
3 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ:33) 260
4 シャルル・ルクレール(フェラーリ:16) 249
5 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 230
6 ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ:10) 95
7 カルロス・サインツ Jr.(マクラーレン:55) 95
8 アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ:23) 84
9 ダニエル・リカルド(ルノー:3) 54
10 セルジオ・ペレス(レーシング・ポイント:11) 46
11 ランド・ノリス(マクラーレン:4) 45
12 キミ・ライコネン(アルファ・ロメオ:7) 43
13 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 37
14 ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ:26) 35
15 ランス・ストロール(レーシング・ポイント:18) 21
16 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 20
17 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ:99) 14
18 ロマン・グロージャン(ハース:8) 8
19 ロバート・クビサ(ウィリアムズ:88) 1
20 ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ:63) [11]

 

フェルスタッペンは3位に上がっています。

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 701
2 フェラーリ 479
3 レッドブル・ホンダ 391
4 マクラーレン・ルノー 140
5 ルノー 91
6 トロロッソ・ホンダ 83
7 レーシング・ポイント・メルセデス 67
8 アルファ・ロメオ・フェラーリ 57
9 ハース・フェラーリ 28
10 ウィリアムズ 1

 

ガスリーの2位表彰台が大きかった。
トロロッソはレーシングポイントを抜きました。

© bluelady.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました