2016年アロンソが競争力のある車を手にすればF1三国志に突入できる。そのためにマクラーレン・ホンダは何をすべきなのか?(F1 2015第13戦:シンガポールGP後記)

16700799680_dcc8afebc4_k
image photo by Scott Cresswell 

シンガポールGPにおいてフェラーリがダブル表彰台を獲得したことはF1界にとってポジティブなことです。

昨年はメルセデスの1強でチャンピオンシップはチームメイト同士で争われました。
1988年、1989年、マクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとアラン・プロストのバトルと同等の競い合いなら面白いでしょうが、メルセデスは少し違いました。

この状況を変えるためには、競うべきドライバーのバトルが必要です。
その意味において、フェラーリ・ベッテルの活躍はF1三国志を実現するために一歩近づいたと言えそうです。


※この記事は2015年シーズン中のものです。2016年については既に様々な事実が明らかになってきました。以下の2記事が参考になると思います。あわせてご覧いただけるとうれしいです。(2015.12.29)

image photo by Mark Kent  2015年F1GPもあと5戦となり、既にチャンピオンシップも決まりかけています...
スポンサーリンク
AdSence

F1三国志 = F1三強時代

ここでいう「F1三国志」とは、三強が並び立ち、互いに競い合う時代を意味しています。
(古館伊知郎さんだったら、三強時代と言わずに三国志って言ってしまいそうですよね。それに習いました。)

ドライバーについては以下の3強で異論はないはずです。

  • ルイス・ハミルトン
  • セバスチャン・ベッテル
  • フェルナンド・アロンソ

ではチームはどうでしょうか?

一つはメルセデスで間違いありません。
シンガポールGPの結果から見るともう一つはフェラーリでいいでしょう。

さて、最後の1チームはどことなるのかが問題です。

最後の一席を埋めるチームは?

そこに、マクラーレン・ホンダが来れば全く問題ありません。

ドライバーの三強が強いマシンをそれぞれに駆って、バトルを繰り広げるという夢のようなF1チャンピオンシップになることでしょう。

しかし、シャシーはレッドブルの方が良いかもしれません。
来年のレッドブルがどんなパワーユニットを載せるかがキーとなりそうです。

昨日のニュースで興味深かったのはアウディのF1参戦という報道です。

参照アウディ、2018年にレッドブルとのF1参戦を決断との報道(F1-Gate.com)

しかし、3年後のことなので、来年のレッドブルはフェラーリPUが一番の選択肢でしょう。

参照レッドブル、フェラーリとのF1エンジン交渉は“ポジティブ”(F1-Gate.com)

メルセデス・フェラーリ・レッドブルの三強時代なら…
マクラーレン・ホンダはアロンソを放出すべき

フェラーリが順調にパワーユニットの開発を進め、レッドブルがフェラーリ・エンジンをつむという将来は非常に魅力的なパッケージです。

そうなれば、3番目のチームはレッドブルが有力です。

その場合、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダにいてはF1チャンピオンシップは今ひとつ面白みに欠けます。

以下の様な図式がベストです。

  • ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
  • フェルナンド・アロンソ(レッドブル)

これなら理想的なF1バトルが展開されることは間違いありません。

F1を復活させるために
ホンダは最強のシャシーを持ったフェラーリを
超えなければならない

来年のドライバー・ラインナップはどうなるか分かりませんが、マクラーレン・ホンダがフェルナンド・アロンソを保持し続けるなら、F1を面白くするために、たった一つのことを成し遂げなければなりません。

それはフェラーリ・エンジンを超えるということです。
それもF1トップのシャシーであるレッドブルに載せられたフェラーリ・エンジンを超えなければなりません。

それができないのであれば、アロンソを放出して欲しい。

マクラーレン・ホンダが面白いF1を期待するファンのためにできることはどちらでしょうか?

© bluelady.jp