2016年F1バルセロナテスト初日を終えて。2015年プレシーズンテスト(ヘレス)との比較。今年はひと味もふた味も違うマクラーレン・ホンダMP4-31。

barcelona
image photo by Gil Abrantes 

2月22日、ついにプレシーズンテストが開始されました。
今年は昨年より(昨年は12日間)テストが削減されて前半・後半の8日間だけとなります。

そのような状態で、マクラーレン・ホンダは大丈夫かどうか気になって仕方ありませんでした。

スポンサーリンク
AdSence

2015年の初回テスト4日間のマクラーレン・ホンダ

昨年、MP4-30で臨んだマクラーレン・ホンダの初回プレシーズン・テストの状況は以下のようになっています。

マクラーレン・ホンダMP4-30の周回数

日程 テスト トラブル原因 周回数
2/1 へレス1日目 厄介な問題(?)
パワーユニットと他のシステムとの接続問題と思われる
6周
2/2 へレス2日目 パワーユニットと他のシステムとの接続問題 6周
2/3 へレス3日目 冷却水圧力低下 32周
2/4 へレス4日目 燃料ポンプトラブル 35周

4日間で79周しか走れていません。
全く信頼性が確保出来ていない状況でした。

メルセデスがレース・ディスタンスを悠々走っているにも関わらず、惨憺たる状況でした。


ヘレス・テスト/最多周回数

日程 テスト ドライバー(チーム) 最多周回数
2/1 へレス1日目 ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 157周
2/2 へレス2日目 ルイス・ハミルトン(メルセデス) 91周
2/3 へレス3日目 ニコ・ロズベルグ(メルセデス) 151周
2/4 へレス4日目 ルイス・ハミルトン(メルセデス) 117周

マクラーレン・ホンダMP4-30のラップタイム

日程 テスト ドライバー タイム 順位
2/1 へレス1日目 フェルナンド・アロンソ 1:40.738 7位(7ドライバー)
2/2 へレス2日目 ジェンソン・バトン 1:54.656 7位(8ドライバー)
2/3 へレス3日目 フェルナンド・アロンソ 1:35.553 8位(8ドライバー)
2/4 へレス4日目 ジェンソン・バトン 1:27.660 8位(8ドライバー)

信頼性がないので、当然ラップタイムも最悪です。

昨年はフェラーリ勢のラップタイムが印象的でした。


ヘレス・テスト/ベストタイム

日程 テスト ドライバー(チーム・マシン) ベストタイム
2/1 へレス1日目 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ・SF15-T) 1:22.620
2/2 へレス2日目 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ・SF15-T) 1:20.984
2/3 へレス3日目 フェリペ・ナッサー(ザウバー・C34) 1:21.545
2/4 へレス4日目 キミ・ライコネン(フェラーリ・SF15-T) 1:20.841

バルセロナ・テスト初日のマクラーレン・ホンダ

2016年のマクラーレン・ホンダは昨年とは全然違います。

ジェンソン・バトンがドライブするMP4-31は初日から84周も走りました。(最多はハミルトン:156周)
ラップタイムも11台中6番手の1分26秒735を刻んでいます(ソフトタイヤ)。(最速はベッテル:1分24秒939/ミディアムタイヤ)

今年も昨年同様メルセデスの最多周回数、フェラーリの最速タイムは変わりませんが、たいしたトラブルもなく、初日をテストに費やすことが出来たようです。

ジェンソン・バトンによると、昨年の弱点だったデプロイメントの問題は改善されているようです。

ラップタイムでは柔らかいタイヤを履いてのタイムなので、まだまだトップとの差は大きいですが、今年は去年より期待できることは間違いありません。

プレシーズンテストの8日間でどこまでトップとの差を詰められるか、期待してみてみましょう。

2日目もフェルナンド・アロンソが頑張ってます。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン