F1イギリスGPで2トークンを使用して内燃機関をアップグレードしたマクラーレン・ホンダ。アロンソは予選Q3でどこまで行けるのか?

Silverstone Circuit
image photo by Lee Dyer 

F1第10戦イギリスGPにおいて、ホンダは2トークンを消費して内燃機関(ICEインテークシステム)をアップデートしてきました。

これによってマクラーレン・ホンダはQ3でどこまで行けるのかが注目されました。

スポンサーリンク
AdSence

Q1でジェンソン・バトンがノックアウト

ところがQ1でジェンソン・バトンがいきなりノックアウトされてしまいます。

ジェンソン・バトンはQ1突破ギリギリのタイムでありながら、最後のタイムアタックに出ることが出来ませんでした。

どうもリア・ウイングのトラブルだったようです。
ルノーのマグヌッセンにも前に行かれてしまい、残念な結果に終わります。

フェルナンド・アロンソはQ3へ

フェルナンド・アロンソは実力通りQ3へ進出します。
しかし、吸気系のアップグレードではあまりパワーは変わらなかったのか、フェラーリの旧エンジンで戦うトロ・ロッソのカルロス・サインツとどっこいどっこいのタイム。

しかも、コースアウトによるタイム抹消でベストタイムを抹消されてしまいます。
これがなければ8番手も可能だったはずですが、終わってみれば10番手。

なかなか光が見えてきません。

しかし、8番手として考えるとウイリアムズのボッタスの次なので、消費した2トークンは有効だったのかもしれませんね。

予選結果

ルイス・ハミルトンは一時タイム抹消の危機がありましたが、悠々トップタイムです。
ロズベルグとの格の違いを見せつけました。

フェラーリのベッテルは2戦連続の5グリッド降格ペナルティがあるので、レッドブルを越えられなかったことは痛い結果でした。

アロンソが言うように、やっぱりメルセデスに勝てず、さらにはレッドブルにも負けてしまうようではフェラーリにいる価値はないでしょう。

なお、ザウバーのマーカス・エリクソンはFP3でのクラッシュのため出走できませんでした。

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’29.287
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’29.606
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’30.313
4 ダニエル・リカルド レッドブル 1’30.618
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’30.881
6 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’31.490
7 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’31.557
8 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’31.989
9 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’32.172
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’32.343
11 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’31.875
12 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’32.002
13 ロマン・グロージャン ハース 1’32.050
14 エステバン・グティエレス ハース 1’32.241
15 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’32.306
16 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’37.060
17 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’32.788
18 ジョリオン・パーマー ルノー 1’32.905
19 リオ・ハリアント マノー 1’33.098
20 パスカル・ウェーレイン マノー 1’33.151
21 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’33.544
22 マーカス・エリクソン ザウバー

エンジンメーカー・トークン数

ホンダはは2トークンを使ってICEインテークシステム(吸気系)のアップグレードを行っています。

エンジンメーカー 使用トークン 残トークン
フェラーリ 29 3
メルセデス 21 11
ホンダ 22 10
ルノー 11 21

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン