マックス・フェルスタッペン、ダニエル・リカルド vs セバスチャン・ベッテル。レースを盛り上げたのはレッドブルとベッテルのバトルだった。(F1 2016第19戦:メキシコGP)

sebastian-vettel
image photo by Alex Rushton 

標高2000メートルを超える高地のサーキット、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスで昨年のホンダは苦戦していました。

…というよりレースにならない状況(アロンソ1周でリタイア、ジェンソン・バトン16台中14位)でした。

今年の予選ではQ3に進出できないながらも手応えを得ていたホンダでしたが、結局ポイントを獲得することが出来ませんでした。

この終盤にきて、こういう結果を見せられると来期のことが心配になります。

参照  Race highlights – Mexico 2016(formula1.com)

スポンサーリンク
AdSence

いつものスタートダッシュが決められなかったマクラーレン・ホンダ

フェルナンド・アロンソもジェンソン・バトンも神がかりなスタートで、ポイント圏内を走っていることが多かったこれまでのレースですが、今回はスタートダッシュを見せることが出来ませんでした。

そのため、下位チームに押さえ込まれてしまい全く見るべきものがありません。

ジェンソン・バトン:12位、フェルナンド・アロンソ:13位という結果に終わっています。

終盤のレッドブル vs ベッテルがレースを盛り上げた。

マクラーレン・ホンダファンにはつまらないレースでしたが、終盤のレッドブル vs ベッテルが緊迫しました。

フェルスタッペンはコースアウトした後も譲らず、ベッテルを抑えこみます。
追いついたリカルド vs ベッテルはレースのハイライトでした。

ベッテルはフェルスタッペンにかなり頭にきた様子で、指を立てたばかりかチャーリー・ホワイティングにも汚い言葉を浴びせていました。

フェルスタッペンはベッテル、ライコネン共にバトルを繰り広げることが多く、絶対に引かない姿勢が大物の片鱗を見せます。

レース後、ベッテルに対し「言葉を学ぶために学校へ戻れ」と言っています。
舌戦でも負けていません。

ベッテルは3位表彰台に上りましたが、リカルドとのバトルで見せたコース変更がレース後の審議で10秒ペナルティーとなり、5位に降格しています。

なぜ、ハミルトンはペナルティーを受けなかったのか分かりません。

メキシコGPで最も解せなかったのは、スタート時のコースアウト後もトップを走り続けたルイス・ハミルトンです。

大きくコースアウトしていながらトップを守りきり、何のペナルティーも課せられませんでした。

終盤コースアウトしたフェルスタッペンにペナルティーが課せられたのに、ハミルトンがおとがめなしとは不思議です。

ロズベルグが勝ってもおかしくないレースだったと思います。

結果

F1 2016 第19戦 メキシコGP
アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス – 全71周(2016.10.30)

3位表彰台にはベッテルが上がりましたが、その後ベッテルに10秒のペナルティーが課されました。
また、フェルスタッペンに5秒ペナルティーが課せられていたので、ダニエル・リカルドが3位になっています。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 25
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 18
3 ダニエル・リカルド レッドブル 15
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル 12
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 10
6 キミ・ライコネン フェラーリ 8
7 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 6
8 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 4
9 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 2
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1
11 マーカス・エリクソン ザウバー
12 ジェンソン・バトン マクラーレン
13 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
14 ジョリオン・パーマー ルノー
15 カルロス・サインツ トロ・ロッソ
16 フェリペ・ナッセ ザウバー
17 ダニール・クビアト トロ・ロッソ
18 ケビン・マグヌッセン ルノー
19 エステバン・グティエレス ハース
20 ロマン・グロージャン ハース
21 エステバン・オコン マノー
r(0) パスカル・ウェーレイン マノー

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ニコ・ロズベルグ(メルセデス:6) 349
2 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 330
3 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 242
4 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 187
5 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 178
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 177
7 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 85
8 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 85
9 ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア:27) 60
10 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 52
11 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 51
12 カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55) 38
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 29
14 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 25
15 ジェンソン・バトン(マクラーレン:22) 21
16 ケビン・マグヌッセン(ルノー:20) 7
17 ジョリオン・パーマー(ルノー:30) 1
18 パスカル・ウェーレイン(マノー:94) 1
19 ストフェル・バンドールン(マクラーレン:47) 1
エステバン・グティエレス(ザウバー:21) [11]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [11]
フェリペ・ナッセ(ザウバー:12) [12]
リオ・ハリアント(マノー:88) [15]
エステバン・オコン(マノー:31) [16]

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 679
2 レッドブル 427
3 フェラーリ 365
4 フォース・インディア 145
5 ウィリアムズ 136
6 マクラーレン 74
7 トロ・ロッソ 55
8 ハース 29
9 ルノー 8
10 マノー 1
11 ザウバー [12]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン