F1シンガポールGPは悔しいベッテル。トラブルでタイム出ずQ1敗退。

singapore-gp
image photo by Stephen Ross 

23のコーナーを持つ、ドライバーズ・サーキットのシンガポール市街地サーキット。
パワーに劣るマクラーレン・ホンダも戦えるサーキットとして期待されていました。

ここでの予選で最も不幸だったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルです。
リヤのロールバーが壊れ、まともにアタックできませんでした。

結局、Q1敗退となっています。

その他のポイントはルノーが3トークンを使ってエンジンをアップグレードしてきたことです。
その成果はリカルドが証明しています。

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダのアロンソがQ3へ

フリー・プラクティスではグリップのなさで苦戦していたものの、予選本番ではアロンソが決めてきました。

8番手でQ2を突破しQ3進出です。

一方、ジェンソン・バトンは壁に接触しQ2アタック中にマシンを止めています。
予選13番手に終わりました。

ここではトロ・ロッソが好調でメルセデス、レッドブル、フェラーリに続いてQ3へ進出しています。

これを見るとマクラーレン・ホンダのシャシーも今一歩足りない部分がありそうです。

予選結果

結局、フェルナンド・アロンソは9番手に終わっています。

トロ・ロッソの2台とフォース・インディアのヒュルケンベルグに負けてしまいました。

マクラーレン・ホンダのパフォーマンスに期待していたのですが、このサーキットでは十分ではなかったようです。
しかし、決勝レースではアロンソに期待がかかります。
ポイント獲得を願ってます。

順位 ドライバー チーム タイム
1 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’42.584
2 ダニエル・リカルド レッドブル 1’43.115
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’43.288
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’43.328
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’43.540
6 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’44.197
7 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’44.469
8 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’44.479
9 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’44.553
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’44.582
11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’44.740
12 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’44.991
13 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’45.144
14 エステバン・グティエレス ハース 1’45.593
15 ロマン・グロージャン ハース 1’45.723
16 マーカス・エリクソン ザウバー 1’47.827
17 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’46.825
18 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’46.860
19 ジョリオン・パーマー ルノー 1’46.960
20 パスカル・ウェーレイン マノー 1’47.667
21 エステバン・オコン マノー 1’48.296
22 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’49.116

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン