レッドブル:ダニエル・リカルド、モナコGPで初ポール獲得!! ルノーのエンジンはパワーを得たのか?

Daniel Ricciardo
image photo by Takayuki Suzuki 

モナコ・グランプリでルノーは3トークンを使ってエンジンをアップグレードしてきました。

ニューエンジンを与えられたのはレッドブルのダニエル・リカルドとルノーのケビン・マグヌッセンの2人だけで、チームメイトは旧型のエンジンを使っています。

ルノーのエンジンがどれほど強くなったのか、それが見所だと思っていました。
パワーの格差が結果に結びつかないモナコとはいえ、チームメイト同士のタイムを見ればエンジンの改良がどの程度なのか想像できるはずです。

スポンサーリンク
AdSence

Q1、マックス・フェルスタッペンのクラッシュ

フリー・プラクティスからダニエル・リカルドは好調でした。やはり、ルノーの新型のエンジンは大幅にパワーを得たのでしょうか?

それが分かるのはリカルドとフェルスタッペンの予選タイムだと思っていたのです。
ところがフェルスタッペンはQ1でクラッシュし早々と退場してしまいました。

結局チームメイト同士の比較は出来なくなってしまいました。

ルノーF1チームではドライバーの格差がありすぎてよく分かりません。

モナコの予選ではルノーエンジンに注目していたのですが、そんな細かい点をはるかに凌駕するリカルドの驚くべきスピードを見せつけられることになったのでした。

リカルド、初のポール獲得

圧巻だったのはQ3、リカルドのスピードです。

メルセデスを圧倒しトップタイムを記録してしまいました。
レッドブルのシャシーがやはり優れている証しです。

メルセデスのハミルトンにエンジントラブルが出てしまいましたが、リカルドはロズベルグもおさえて最高のポジションに着きました。

この結果により抜けないモナコでリカルドの決勝レースに期待がかかります。

マクラーレン・ホンダのアロンソは2戦連続でQ3へ

アロンソは2戦連続でQ3に進出したとはいえ、期待されたパフォーマンスは発揮できませんでした。

エンジン・パワーによらないサーキットで、前回同様10番手の結果です。
バトンも13番手ですので、スペインGPと大差はありません。

エリック・ブーリエが言うほど、シャシーは進化していないということなのだと思います。
この結果は期待外れです。

マクラーレン・ホンダの改善はホンダがトークンを使用してくるまで待つしかなさそうです。

予選結果

フェルスタッペンは若さが出てしまいましたね。

ウイリアムズのシャシーはテクニカルサーキットには向いていないようです。

順位 ドライバー チーム 最速ラップ
1 ダニエル・リカルド レッドブル 1’13.622
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’13.792
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’13.942
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’14.552
5 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’14.726
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’14.732
7 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’14.749
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’14.902
9 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1’15.273
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’15.363
11 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’15.273
12 エステバン・グティエレス ハース 1’15.293
13 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’15.352
14 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’15.385
15 ロマン・グロージャン ハース 1’15.571
16 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’16.058
17 マーカス・エリクソン ザウバー 1’16.299
18 ジョリオン・パーマー ルノー 1’16.586
19 リオ・ハリアント マノー 1’17.295
20 パスカル・ウェーレイン マノー 1’17.452
21 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’22.467
22 フェリペ・ナッセ ザウバー

エンジンメーカー・トークン数

エンジンメーカー 使用トークン 残トークン
フェラーリ 26 9
メルセデス 21 11
ホンダ 18 14
ルノー 11 21

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン