F1オーストリアGP予選は縁石・雨等のコンディションでドキドキの展開。ジェンソン・バトンは雨のコース変化を読み切って予選5位。

Jenson Button
image by Joe McGowan 

オーストリアGPはQ1クビアトのクラッシュでの赤旗やQ2、Q3のドライ→ウエット→ドライのコンディション変化によってドキドキする予選になりました。

いつもと違うのは縁石に乗るだけでサスペンションが壊れてしまうアクシデントです。
FPのフェルスタッペン、ロズベルグ、そしてQ1のクビアトと3人ものドライバーが縁石の餌食になっています。

スポンサーリンク
AdSence

トロ・ロッソが可愛そう

F1オーストリアのコースはレッドブル・リンクです。
レッドブル、トロ・ロッソのホームグランプリということになるのですが、トロ・ロッソにとっては悪夢のQ1となりました。

クビアトは縁石にタイヤを載せてサスペンションが折れ、サインツはエンジントラブルで、共にQ2を走ることが出来なくなってしまいました。

縁石に左タイヤを載せると右のサスペンションが壊れてしまうというアクシデントには驚きました。

それだけ縁石がデコボコしているということなのでしょう。
レッドブルのホームなんですから、何とかならなかったのでしょうか?

雨からドライコンディションへ変わるタイミングを読み切ったジェンソン・バトン

Q2で雨が降ってきたことで、フェルナンド・アロンソはタイムアタックを断念せざるを得ませんでした。

しかし、今回はジェンソン・バトンが頑張ってQ3に進出しています。

Q3では残り3分を残すところで各チームインターミディエイトからドライタイヤにスイッチ。
段々コンディションがよくなるという状況の中、ジェンソン・バトンは残り4秒か5秒のところでゴールラインを通過します。

ヒュルケンベルグがラップタイムをあげながらチェッカーを受ける中、最後にチェッカーを受けるバトンのタイムにはドキドキしました。

結局、5番手に終わりましたが、ジェンソン・バトンのコンディションへの対応能力は驚異的です。

タイムで上位のロズベルグとベッテルがギアボックス交換で5グリッド後退するため、バトンは決勝で2列目からのスタートになります。

スタートを決めてマクラーレン・ホンダがトップを走る姿を見てみたいと思っています。

決勝の見所は?

バトン以外にもオーストリアGPの決勝は見所が盛りだくさんです。

縁石については決勝でも何か起きそうな感じです。

Q2の戦略でスタートタイヤがウルトラ・ソフトとスーパー・ソフトに分かれています。
戦略的にどちらが良い結果に結びつくのか?
決勝は面白くなりそうです。

また、ロズベルグ、ベッテルがギアボックス交換による5グリッド降格が決まっているため、この2人のリカバリー・アクションが見所ですね。

予選結果

マノーのウェーレインが頑張りました。

順位ドライバーチームタイム
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’07.922
2ニコ・ロズベルグメルセデス1’08.465
3ニコ・ヒュルケンベルグフォース・インディア1’09.285
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’09.781
5ジェンソン・バトンマクラーレン1’09.900
6キミ・ライコネンフェラーリ1’09.901
7ダニエル・リカルドレッドブル1’09.980
8バルテリ・ボッタスウィリアムズ1’10.440
9マックス・フェルスタッペンレッドブル1’11.153
10フェリペ・マッサウィリアムズ1’11.977
11エステバン・グティエレスハース1’07.578
12パスカル・ウェーレインマノー1’07.700
13ロマン・グロージャンハース1’07.850
14フェルナンド・アロンソマクラーレン1’08.154
15カルロス・サインツトロ・ロッソ1’07.618
16セルジオ・ペレスフォース・インディア1’07.657
17ケビン・マグヌッセンルノー1’07.941
18ジョリオン・パーマールノー1’07.965
19リオ・ハリアントマノー1’08.026
20ダニール・クビアトトロ・ロッソ1’08.409
21マーカス・エリクソンザウバー1’08.418
22フェリペ・ナッセザウバー1’08.446

エンジンメーカー・トークン数

フェラーリは1トークンを使ってMGU-Kをアップデートしています。

エンジンメーカー使用トークン残トークン
フェラーリ293
メルセデス2111
ホンダ2012
ルノー1121

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン