F1 2017 アブダビGP決勝:マクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが9位入賞。それが3年を費やして得た実力だった。


image photo by Ben Sutherland 

第20戦アブダビGPで2017年のF1はフィナーレを迎えました。

そして、このレースで伝統のマクラーレン・ホンダというチームも消えることになります。

そのレースの結果はフェルナンド・アロンソが9位、ストフェル・バンドーンが12位です。

これがマクラーレン・ホンダが3年を要して達成した結果でした。

スポンサーリンク
AdSence

まっすぐに到達した結果ではなかった

マクラーレン・ホンダのプロジェクトは最初のスタートが間違っていました。

空力によるアドバンテージを得ようとして「サイズゼロ」に固執したからです。

そのため、エンジンを小さく作りすぎたことが過ちの始まりでした。

そして、レギュレーションの縛りから、このコンセプトをすてることが出来たのは、結果を出すはずの3年目、2017年になってからだったのです。

新たなコンセプトのエンジンは信頼性不足のため、まともに使えるものではありませんでした。

それが今年のマクラーレン・ホンダの実際でした。

もし、「サイズゼロ」で始まらなかったら…独自のエンジンでなく、他のチームと同様のコンセプトで最初からエンジン開発を行っていたら…このような結果には陥らなかったかもしれません。

その紆余曲折が、この3年マクラーレン・ホンダが取り組んできたことだったのだと思います。

おしいのは、これ以上続けることが出来なかったことでしょう。

結果はすぐ目の前にあったかもしれません。

2018年のトロロッソ・ホンダに期待

2017年のトロ・ロッソは結局最終戦でルノーに敗れ、コンストラクターズポイントで7位に終わりました。

これはルノーエンジンの信頼性によるところが多く、そのルノーにポイントで敗れたことはトロ・ロッソにとって最悪の結果と言わざるを得ません。

そうした最悪の状況で2017年を終えたからこそ、2018年の新しいプロジェクト、トロロッソ・ホンダに期待できると思います。

トロ・ロッソもホンダも最悪からの出発です。

2018年は上るしかありません。

結果

バルテリ・ボッタスがポールトゥウインで有終の美を飾っています。
メルセデスのワンツーです。

ベッテルが表彰台に上りましたが、フェラーリ勢は全く目立ちませんでした。

シーズン後半のトロ・ロッソの低迷は気がかりです。

フェリペ・マッサはポイントを獲得しての引退レースです。まだまだ、やれそうですね。

ヒュルケンベルグの8ポイントが大きいです。
トロ・ロッソはルノーに逆転されてしまいました。

F1 2017 第20戦 アブダビGP
ヤス・マリーナ・サーキット – 全55周(2017.11.26)

順位 ドライバー チーム ポイント
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 25
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 18
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 15
4 キミ・ライコネン フェラーリ 12
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 10
6 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 8
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 6
8 エステバン・オコン フォース・インディア 4
9 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 2
10 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1
11 ロマン・グロージャン ハース
12 ストフェル・バンドーン マクラーレン
13 ケビン・マグヌッセン ハース
14 パスカル・ウェーレイン ザウバー
15 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ
16 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ
17 マーカス・エリクソン ザウバー
18 ランス・ストロール ウィリアムズ
r(32) カルロス・サインツ ルノー
r(20) ダニエル・リカルド レッドブル

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 363
2 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 317
3 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 305
4 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 205
5 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 200
6 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 168
7 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 100
8 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 87
9 カルロス・サインツ(ルノー:55) 54
10 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 43
11 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 43
12 ランス・ストロール(ウイリアムズ:18) 40
13 ロマン・グロージャン(ハース:8) 28
14 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 19
15 フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14) 17
16 ストフェル・バンドールン(マクラーレン:2) 13
17 ジョリオン・パーマー(ルノー:30) 8
18 パスカル・ウェーレイン(ザウバー:94) 5
19 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 5
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [11]
ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ:10) [12]
アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー:36) [12]
ブレンドン・ハートレイ(トロ・ロッソ:39) [13]
ジェンソン・バトン(マクラーレン:22)
ポール・ディ・レスタ(ウイリアムズ:40)

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 メルセデス 668
2 フェラーリ 522
3 レッドブル 368
4 フォース・インディア 187
5 ウィリアムズ 83
6 ルノー 57
7 トロ・ロッソ 53
8 ハース 47
9 マクラーレン 30
10 ザウバー 5

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン