2017年のF1もあと3戦。何が見所なのか検証する。


image photo by Artes Max 

2017年のF1も残るのはメキシコGP、ブラジルGP、アブダビGPのみ。

既に、コンストラクターズ選手権はメルセデスのものとなり、ドライバーズ選手権もハミルトンとなることがほぼ決まりました。

あと3戦はドライバーズ選手権の確定を見るだけではとてもつまらないので、他に見るべきポイントを探してみたいと思います。

スポンサーリンク
AdSence

ルノーのカルロス・サインツ

トロ・ロッソからルノーに移籍したカルロス・サインツの活躍には驚いてます。

移籍したばかりのUS GPで7位に入賞する健闘を見せています。

トロ・ロッソにいたときもウィリアムズの両ドライバーよりポイントを獲得しています。

今まで、中段グループで争っていたので、あまり目立ちませんでしたが、とにかく安定したドライバーです。しかも速い。

ルノーが欲しがるのもうなずけます。

最初からカルロス・サインツがルノーにいたらコンストラクターズランキング5位もあり得たかもしれません。

2018年のルノーはこのサインツとヒュルケンベルグという布陣なので、コンストラクターズ4位をもぎ取ってしまうかもしれませんね。

あと3戦、カルロス・サインツから目が離せません。

セルジオ・ペレスとエステバン・オコンの戦い

フォース・インディアのドライバー争いも面白いです。

2017年新規加入したエステバン・オコンが、フォース・インディアで才能を開花させてしまいました。

セルジオ・ペレスとのバトルはチーム内でも面白いです。

US GP終了現在で、ペレス:86ポイント、オコン:73ポイントと伯仲しています。

私はペレスよりオコンの方が好きなのですが、どうなるでしょうか?

トロ・ロッソのドライバー

US GPではダニール・クビアトとブレンドン・ハートレイのラインナップでした。

ピエール・ガスリーがスーパーフォーミュラ最終戦に参戦するためにダニール・クビアトが戻ってたのです。

結局、スーパーフォーミュラ最終戦は台風のために中止になり、ピエール・ガスリーは戦うことができなかったので、残念でした。

次のメキシコGPではピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレイのコンビでトロ・ロッソは戦います。

このフレッシュな2人が2018年もドライバーとなる可能性が高いと思っています。

US GPではポイントを獲得したクビアトですが、2017年のこれまでの結果が悪すぎました。

ガスリーとハートレイの活躍に期待してます。

その他

実はホンダがスペック4エンジンを投入することを期待していたのですが、マクラーレンとの訣別が決まったので、3.8か3.9どまりのようです。

マクラーレンの今年はもう期待できないので、テストのためにもスペック4を載せて欲しいと思っていたのですが、残念ですね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン