マクラーレン・ホンダMCL32のカラーリングについてはクリスチャン・ホーナーを全面的に支持します。


image photo by Takayuki Suzuki 

バルセロナ・テストが始まりました。
オイルシステムのトラブルで、フェルナンド・アロンソが初日を29周しか走れず、さらには10番手(11人中)タイムに終わったことは、とても心配です。

とは言え、テスト初日なので落胆しても仕方ありませんね。(2日目もパワーユニットにトラブルが発生している模様)

パフォーマンスについては現段階ではよく分かりませんが、目に見えるデザインについてはクリスチャン・ホーナーが面白いことを言っています。

参照 クリスチャン・ホーナー、マクラーレン・ホンダのカラーリングをディスる(F1-Gate.com)

スポンサーリンク
AdSence

ロン・デニスがいないせいなのかな?

クリスチャン・ホーナーは冒頭の記事で「ロンは気が狂いそうになっているに違いない!」と言っています。

これはマクラーレンのカラーリングについてなのですが、私もマクラーレンMCL32のカラーリングは最悪だと思います。

このブログで最初に書いたMCL32のページでも印象の悪さから記事にしてしまいました。

image photo by Jake Archibald  ついにマクラーレン・ホンダの2017年F1マシン「MCL32」が公開...

もともと私はMCL32の発表はメルセデスに比べるとカッコよかった…というようなことを書こうと思っていたのですが、書いてみると「なんだか昔のマルシャの車に似ていてカッコ悪い」ということが一番の印象になっていました。

私はマクラーレン・ファンだと自認しています。
しかし、ザク・ブラウンの信じているように、このカラーリングを気にいることはないと思います。

もともと「MCL」にカッコ悪さを感じてしまいましたので、今年のマクラーレンは今のところ最悪な印象です。

これでマシンが遅かったら、どうしようもないです。

参照 フェルナンド・アロンソ、MCL32に期待 「速ければセクシーに見えてくる」(F1-Gate.com)

フェルナンド・アロンソが「速いマシンはセクシーに見えるものだ。実際に走る機会を待とう」と言っているのですが、このマシンが名車になるためには「速さ」を発揮するしかなさそうです。

でも、アロンソがこのように言うということは、裏返せばカッコ悪いと思っているのでしょうね。

……

MCL32を見ていたら何故かウルトラマンのマットアローも思い出してしまいました。

帰ってきたウルトラマン 1/72 マットアロー1号

実際はあんまり似ていませんね。

バルセロナ・テスト初日(2017.2.27)

最後にバルセロナ・テストの結果を掲載しておきます。

順位 ドライバー マシン タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス W08 1’21.765 73
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ SF70-H 1’21.878 128
3 フェリペ・マッサ ウィリアムズ FW40 1’22.076 103
4 ケビン・マグヌッセン ハースF1 VF-17 1’22.894 50
5 ダニエル・リカルド レッドブル RB13 1’22.926 50
6 バルテリ・ボッタス メルセデス W08 1’23.169 79
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア VJM10 1’23.709 39
8 カルロス・サインツ トロ・ロッソ STR12 1’24.494 51
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー R.S.17 1’24.784 57
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン MCL32 1’24.852 29
11 マーカス・エリクソン ザウバー C36 1’26.841 72

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン