2017年はF1視聴にDAZN(ダ・ゾーン)を使ってみる。


image photo by Artes Max 

いよいよ金曜日から2017年F1開幕戦・オーストラリアGPのフリー・プラクティスが始まります。

バルセロナテストでは散々だったマクラーレン・ホンダがどこまで信頼性の対策が出来たのか気になる所です。

しかし、本当に気になっているのはホンダのパワーユニットが他チームのものと比べてどれほどのパフォーマンスがあるかですね。

アロンソの言葉をそのまま受け取ると最低のパワーユニットのようですが、メルセデス型のレイアウトを採用したとか、フェラーリも使っているジェット・イグニッション・システムの進化型を使っているとか噂されています。

メルセデスとフェラーリのいいとこ取りのような(悪く言えば猿まね)パワーユニットが即座に機能するというのもあり得ないでしょう。

ホンダのパワーユニットの技術が真にメルセデスとフェラーリに対抗出来る日が近いことを祈るしかありません。

スポンサーリンク
AdSence

F1視聴はDAZN(ダ・ゾーン)

私は昨年まで「フジテレビNEXTsmart」を使ってF1を視聴してきました。

2015年シーズンについては何の問題もなかったのですが、2016年シーズンから見逃し配信もなく不自由に感じていました。

そうしたところへ2017年からDAZN(ダ・ゾーン)で、視聴可能になるというニュースがあり、早速DAZN for docomoを契約しました。

DAZN for docomoはdocomo利用者のみ割引価格(980円/月)となるサービスです。
ソフトバンクのスポナビライブほどの割引率ではないにしても、通信会社の囲い込み作戦には熾烈なものがありますね。

幸いにも私はdocomoユーザーですので、割引価格でF1を試聴出来ます。
docomoのdアカウントでサインインすればOKです。(docomoで契約の申し込みが必要です。ネットでの契約はこちら

……

このサービスは当然ながらフジテレビのものとは異なりますので、解説者はおなじみの方ではありません。

どちらが良いかは視聴してみてからのお楽しみですね。

DAZNは今のところ以下の放送を予定しています。

  • オーストラリアGP:フリー走行1回目
  • オーストラリアGP:フリー走行2回目
  • オーストラリアGP:フリー走行3回目
  • オーストラリアGP:予選
  • オーストラリアGP:予選オンボードカメラ
  • オーストラリアGP:予選ドライバートラッカー
  • オーストラリアGP:決勝
  • オーストラリアGP:決勝オンボードカメラ
  • オーストラリアGP:決勝ドライバートラッカー

オンボードカメラやドライバートラッカーはどのようなものになるのでしょう?
楽しみです。

私は「フジテレビNEXTsmart」も契約したままなので比較して見たいと思います。

DAZN(ダ・ゾーン)の最大のメリットは見逃し配信です。

US GPなど、深夜から朝にかけて行われるGPは見逃し配信で見たいと思っています。

F1以外のDAZN(ダ・ゾーン)

F1以外にもサッカー、バレーボール、総合格闘技、バスケットボール、テニス等…様々なスポーツがラインナップされています。

私はテニスやバスケットボールも見ています。

BNPパリバ・オープンで錦織の試合も見られるかと思っていたら、女子ばっかりで残念に思いました。

このあたりの放送基準がさっぱり分かりません。
見たいものが見られるわけではないかもしれません。

NBAは楽しめるかな?

もう少し私の好きな放送が増えてくれることを祈りつつ、色々なスポーツを観戦したいと思っています。

(追記)

開幕戦の予選を視る限りではDAZNの方が良かったです。
…ということで、結局スカパーは解約してしまいました。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン

コメント

  1. おけいはん より:

    >そうしたところへ2017年からDAZN(ダ・ゾーン)で、視聴可能になるというニュースがあり、早速DAZN for docomoを契約しました。

    2016年シーズン中からDAZNでF1中継始まってますよ

    • Lin より:

      おけいはん、ありがとうございます。
      そうでしたか。
      もっと早くDAZNにすれば良かったです。とほほ…