F1 2017 バーレーンGP決勝:信頼性もパワーも無いエンジンで必死に走るフェルナンド・アロンソが泣ける。


image photo by Paul Williams 

フェラーリSF70Hのスピードは本物のようです。

ベッテルもライコネンもペースを保ってました。

ベッテルは序盤の早いタイヤ交換がセイフティカーの導入によって功を奏し、そのまま優位にレースを進めました。

ハミルトンはピットストップの不用意な減速で、5秒ペナルティとなってベッテルを楽にしてしまいました。

……

強いベッテルが戻ってきてF1が面白くなってきました。
あとはフェルナンド・アロンソが速い車を手にしてくれると、もっと面白くなるのですが…

スポンサーリンク
AdSence

ホンダのエンジンはパワーも信頼性もなし

フリー・プラクティスから問題となっているMGU-Kのトラブルは解消できず、ストフェル・バンドーンは出走することも出来ませんでした。

アロンソも終盤リタイヤするはめに…
完走扱いとなったもののホンダのエンジンはボロボロです。
昔のプジョーエンジンを思い出します。(マクラーレンは翌年プジョーとのエンジン契約を破棄してしまいました)

さらにアロンソがしきりに無線で訴えていたように、パワーもありません。

これでプロフェッショナルなエンジンコンストラクターと言えるのでしょうか?
嘆きたくなります。

マクラーレン・ホンダはもうダメです。

アロンソはルノーに行った方が幸せかもしれません。

結果

F1 2017 第3戦 バーレーンGP
バーレーン・インターナショナル・サーキット – 全57周(2017.4.16)

フェルナンド・アロンソの激しいアタックが印象に残りました。
バンドーンはMGU-Kのトラブルで、まったく走れませんでした。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 25
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 18
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 15
4 キミ・ライコネン フェラーリ 12
5 ダニエル・リカルド レッドブル 10
6 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 8
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 6
8 ロマン・グロージャン ハース 4
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 2
10 エステバン・オコン フォース・インディア 1
11 パスカル・ウェーレイン ザウバー
12 ダニール・クビアト トロ・ロッソ
13 ジョリオン・パーマー ルノー
r(54) フェルナンド・アロンソ マクラーレン
r(50) マーカス・エリクソン ザウバー
r(12) ランス・ストロール ウィリアムズ
r(12) カルロス・サインツ トロ・ロッソ
r(11) マックス・フェルスタッペン レッドブル
r(8) ケビン・マグヌッセン ハース
r(0) ストフェル・バンドーン マクラーレン

ドライバーズ・ランキング

順位 ドライバー(チーム:No) ポイント
1 セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5) 68
2 ルイス・ハミルトン(メルセデス:44) 61
3 バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77) 38
4 キミ・ライコネン(フェラーリ:7) 34
5 マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33) 25
6 ダニエル・リカルド(レッドブル:3) 22
7 フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19) 16
8 セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11) 14
9 カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55) 10
10 ロマン・グロージャン(ハース:8) 4
11 ケビン・マグヌッセン(ハース:20) 4
12 エステバン・オコン(フォース・インディア:31) 3
13 ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27) 2
14 ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26) 2
パスカル・ウェーレイン(ザウバー:94) [11]
アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー:36) [12]
ジョリオン・パーマー(ルノー:30) [13]
ストフェル・バンドールン(マクラーレン:2) [13]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9) [15]
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14)
ランス・ストロール(ウイリアムズ:18)

コンストラクターズ・ランキング

順位 チーム ポイント
1 フェラーリ 102
2 メルセデス 99
3 レッドブル 47
4 フォース・インディア 17
5 ウィリアムズ 16
6 ハース 8
7 トロ・ロッソ 6
8 ルノー 2
9 ザウバー [11]
10 マクラーレン [13]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン