F1 2019 第12戦・ハンガリーGP 予選:マックス・フェルスタッペン初ポール!


katharinakannsによるPixabayからの画像

コース幅が狭くオーバーテイクしづらいハンガロリンクでレッドブル・ホンダのマック・スフェルスタッペンが初のポールポジションを獲得しました。

これで2戦連続優勝のチャンスが広がりました。

予選でのエンジンモードに課題があるといわれていたホンダパワーユニットがこのサーキットでは良いパフォーマンスを発揮しています。

スペック3のままどのような魔法を使ったのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

コース特性によるアドバンテージか?

パワーユニット時代になって電気エネルギーの配分(デプロイ)などの様々なセッティングが可能になりました。

そのため単純にパワーによるエンジン性能の比較が意味をなさなくなったようです。

ホンダのエンジンはスペック3のままですが、最近のパフォーマンスはスペック3の初戦よりもかなり上がっているように見えます。

エンジンの運用によるパフォーマンスの幅は想像よりも大きいと言えます。

しかし、ポールポジションが取れるとは思ってもみませんでした。

ハンガロリンクはストレートが短いですし、低速コーナーが多いサーキットです。

そうした特性にレッドブルのマシンが合っているということが大きいのかもしれません。

……

決勝は1コーナーの飛び込みが重要です。

ストレート部分が長いのでメルセデスに先を越されるのではないかと心配してます。

予選結果

順位ドライバーチームタイム
1マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダ1’14.572
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’14.590
3ルイス・ハミルトンメルセデス1’14.769
4シャルル・ルクレールフェラーリ1’15.043
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’15.071
6ピエール・ガスリーレッドブル・ホンダ1’15.450
7ランド・ノリスマクラーレン1’15.800
8カルロス・サインツ Jr.マクラーレン1’15.852
9ロマン・グロージャンハース1’16.013
10キミ・ライコネンアルファ・ロメオ1’16.041
11ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’16.565
12アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1’16.687
13ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1’16.692
14アントニオ・ジョビナッツィアルファ・ロメオ1’16.804
15ケビン・マグヌッセンハース1’17.081
16ジョージ・ラッセルウィリアムズ1’17.031
17セルジオ・ペレスレーシング・ポイント1’17.109
18ダニエル・リカルドルノー1’17.257
19ランス・ストロールレーシング・ポイント1’17.542
20ロバート・クビサウィリアムズ1’18.324

ジョージ・ラッセルは惜しかった。
Q1が突破出来れば快挙だった。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位ドライバーチームタイム
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’35.658
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’35.918
3キミ・ライコネンフェラーリ1’36.186
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’36.210
5カルロス・サインツルノー1’36.743
6ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’37.591
7マックス・フェルスタッペンレッドブル1’38.032
8ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’38.128
9ケビン・マグヌッセンハースF11’39.858
10ロマン・グロージャンハースF11’40.593

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位ドライバーチームポイント
1ルイス・ハミルトンメルセデス25
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ18
3キミ・ライコネンフェラーリ15
4ダニエル・リカルドレッドブル12
5バルテリ・ボッタスメルセデス10
6ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ8
7ケビン・マグヌッセンハース6
8フェルナンド・アロンソマクラーレン4
9カルロス・サインツルノー2
10ロマン・グロージャンハース1

昨年リカルドが予選12番手から4位に食い込んでいます。

フェルスタッペンはトラブル。

ハンガロリンクは例年レッドブルが強いので今年もチャンスです。

今年もフェルスタッペンとリカルドのコンビだったら凄いことになったかもしれないのに…残念。

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン