F1 2019 開幕戦・オーストラリアGP予選:昨年と大きな差は無い勢力図。しかし、レッドブルのピエール・ガスリーのQ1落ちだけが気になった。


Photo by Juozas Kaziukenas

初戦の予選で痛い戦略ミスが出てしまったレッドブル。

いきなりピエール・ガスリーがQ1敗退となってしまったのには驚きました。

ホンダエンジンに切り替えたせいで大きなパフォーマンスダウンとなってしまったのかと思いました。

しかし、単なる戦略ミスです。

というのも、アルバート・パーク・サーキットが公道サーキットだということに起因しています。(一部はアルバート・パークの駐車場)

コースコンディションはセッションが進むにつれて改善していきます。

その状況で、1回のタイムアタックですませる戦略があだとなりました。

スポンサーリンク

前評判を覆して最速は異次元のスピードを示したメルセデス

前評判ではフェラーリが最速と思われていました。

しかし、開幕してみるとメルセデスが別格のタイムを記録しています。

メルセデスに続くのがフェラーリとレッドブルという結果。

これでは昨年と大きな差はありません。

好調と思われていたトロロッソ・ホンダも、そこまでよくありません。

打倒レッドブルを掲げていたルノーも結果を見れば昨年同様トップ3チームには届きませんでした。

この状況が続くようならダニエル・リカルドの選択は大失敗ということになってしまいます。

……

良かったのはマクラーレンです。

新人のランド・ノリスがQ1に進みルノーを上まわったことが評価出来ます。

ともあれ、メルセデス以外はほとんど団子状態なので、ちょっとしたミスで結果が大きく異なっていくでしょう。

ただ、メルセデスを打ち倒すチームが出てくることを期待していたので、残念な気持ちでいっぱいです。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’20.486
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’20.598
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’21.190
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’21.320
5 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’21.442
6 ロマン・グロージャン ハース 1’21.826
7 ケビン・マグヌッセン ハース 1’22.099
8 ランド・ノリス マクラーレン 1’22.304
9 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’22.314
10 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’22.781
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’22.562
12 ダニエル・リカルド ルノー 1’22.570
13 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’22.636
14 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’22.714
15 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’22.774
16 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’23.017
17 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’23.020
18 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’23.084
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’24.360
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’26.067

 

2018年の予選トップ10は以下。

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’21.164
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’21.828
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’21.838
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’21.879
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’22.152
6 ケビン・マグヌッセン ハース 1’23.187
7 ロマン・グロージャン ハース 1’23.339
8 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’23.532
9 カルロス・サインツ ルノー 1’23.577
10 バルテリ・ボッタス メルセデス

 

今年は空力レギュレーションが変更となってスピードが落ちると思いきや、20秒台に突入。
メルセデスがあっさりコースレコードを塗り替えてしまいました。

フェラーリ、レッドブルともにタイムを上げていますが、メルセデスの進歩に見劣りしてしまいます。

ここでは昨年もハースが速かった。

 

2018年の決勝のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 25
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 18
3 キミ・ライコネン フェラーリ 15
4 ダニエル・リカルド レッドブル 12
5 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 10
6 マックス・フェルスタッペン レッドブル 8
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 6
8 バルテリ・ボッタス メルセデス 4
9 ストフェル・バンドーン マクラーレン 2
10 カルロス・サインツ ルノー 1

 

オーストラリアGPはセーフティカーも多いので波瀾もあります。

明日の決勝はどうなるでしょうか?
楽しみです。

© bluelady.jp





コメント

タイトルとURLをコピーしました