F1 2019 第7戦・カナダGP 予選:フェラーリ・ベッテル、今期初ポール。レッドブル・ホンダ、たのみのフェルスタッペンは赤旗でQ2敗退。


image by Artes Max

カナダGP 予選、久々にフェラーリのベッテルがポール・ポジションを獲得しました。

メルセデスが強すぎる状況が続きましたが、ついにフェラーリのスピードが上まわりました。

フェラーリのストレートスピードが印象的でした。

スポンサーリンク

レッドブルはガスリーの5番手が最上位

いつもならトップグループにからんでいくのはフェルスタッペン。

しかし、戦略的にミディアムタイヤでスタートしたいフェルスタッペンは、ミディアムタイヤでQ3進出するほどのタイムを残せません。

ソフトタイヤでのアタックはマグヌッセンのクラッシュによって完遂出来ませんでした。

そのためにQ2敗退という結果に。

反面、ソフトタイヤでQ2のタイムアタックを行っていたガスリーはQ3進出、5番手という結果を残しています。

気になるのはルノーのリカルドがレッドブルを上まわったということです。

ホンダエンジンよりルノーエンジンの方が優っているのでしょうか?

解説ではエンジン特性にコースが合っていたと見ていたようですが、本当にそうなのでしょうか?

ホンダエンジンのスペック2は、またも最弱パワーになってしまったのではないかと少々心配しています。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’10.240
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’10.446
3 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’10.920
4 ダニエル・リカルド ルノー 1’11.071
5 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’11.079
6 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’11.101
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’11.324
8 ランド・ノリス マクラーレン 1’11.863
9 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’11.981
10 ケビン・マグヌッセン ハース 1’11.786(Q2)
11 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’11.800
12 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’11.921
13 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’12.136
14 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’12.193
15 ロマン・グロージャン ハース 1’12.109(Q1)
16 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’12.197
17 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’12.230
18 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’12.266
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’13.617
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’14.393

マクラーレンとルノーの調子がいいのが悔しい。

ガスリーに期待する。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム タイム
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’10.764
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’10.857
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’10.937
4 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’10.996
5 キミ・ライコネン フェラーリ 1’11.095
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’11.116
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’11.973
8 エステバン・オコン フォース・インディア 1’12.084
9 カルロス・サインツ ルノー 1’12.168
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’12.671

昨年もベッテルは好調でした。

ジル・ビルヌーブ・サーキットが好きなのかも。

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 25
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 18
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 15
4 ダニエル・リカルド レッドブル 12
5 ルイス・ハミルトン メルセデス 10
6 キミ・ライコネン フェラーリ 8
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 6
8 カルロス・サインツ ルノー 4
9 エステバン・オコン フォース・インディア 2
10 シャルル・ルクレール ザウバー 1

マックス・フェルスタッペンがどこまで追い上げるか。
期待しています。

© bluelady.jp



スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン