F1 2019 第19戦・US GP 予選:レッドブルは後一歩足りない。

ホンダエンジンを使うドライバー3名がQ3に進出。

好結果だと思います。

が、どうしてもメルセデスとフェラーリに勝てません。

予選モードの差ですかね。

スポンサーリンク

ガスリーが好調

予選でトロロッソ・ホンダのガスリーが好調です。

日本GP以来、Q3に進出していますし、決勝レースでもクビアトを超える働きが目立ちます。

後半戦、レッドブルからトロロッソに降格してしまったガスリーは何がいけなかったのでしょう?

シーズン前テストでクラッシュしてしまったガスリーは、ずっと調子を上げられませんでした。

マシンが合ってないことも主張してました。

結局、トップチームで活躍するチャンスを逸してしまったガスリーは今後どうなっていくのでしょうか?

トロロッソのままということもあり得ます。

期待してただけに、少し残念ですね。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’32.029
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’32.041
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’32.096
4 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’32.137
5 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.321
6 アレクサンダー・アルボン レッドブル・ホンダ 1’32.548
7 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’32.847
8 ランド・ノリス マクラーレン 1’33.175
9 ダニエル・リカルド ルノー 1’33.488
10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’33.601
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’33.815
12 ケビン・マグヌッセン ハース 1’33.979
13 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’33.989
14 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’34.100
15 ロマン・グロージャン ハース 1’34.158
16 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’34.226
17 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’34.369
18 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’35.372
19 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’35.808
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’35.889

 

キミ・ライコネンは不調ですね。
昨年はここで勝っているんですが…

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム 最終タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.237
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’32.298
3 キミ・ライコネン フェラーリ 1’32.307
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’32.616
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’33.494
6 エステバン・オコン フォース・インディア 1’34.145
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’34.215
8 ロマン・グロージャン ハースF1 1’34.250
9 シャルル・ルクレール ザウバー 1’34.420
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’34.594

 

今年のハースはイマイチです。

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 キミ・ライコネン フェラーリ 25
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル 18
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 15
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 12
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 10
6 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 8
7 カルロス・サインツ ルノー 6
8 エステバン・オコン フォース・インディア
9 ケビン・マグヌッセン ハース
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 4
11 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 2
12 マーカス・エリクソン ザウバー 1

 

フェルスタッペンの表彰台を期待しています。

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました