F1 2019 第7戦・カナダGP FP:エンジン勝負のジル・ビルヌーブ・サーキットでホンダエンジンはどこまで力を発揮出来るのか?

スポンサーリンク


Photo by ph-stop

 

コースレイアウトからも分かるようにジル・ビルヌーブ・サーキットはエンジン勝負のサーキットです。

また、シケインとヘアピンでストレートが繋げられているため、ブレーキにも厳しいストップ・アンド・ゴーのサーキット。

このようなレイアウトではホンダに勝ち目はないのかもしれません。

ESとCEを交換したホンダエンジンの真価は?

カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットが、名にし負うパワーサーキットであることから、メルセデスが「フェーズ2」エンジンを投入し、フェラーリがターボチャージャーとMGU-Hを交換するなど、各チームはエンジンのアップグレードを行っています。

ご多分に漏れずホンダエンジンもES(エネルギーストア)とCE(コントロールエレクトロニクス)を交換。エネルギーマネジメントの最適化が勝負所です。

しかし、FPではメルセデス勢、フェラーリ勢に遅れをとっているように見えます。

果たして、予選ではどのような結果になるのでしょうか?

フェルスタッペンはメルセデスとフェラーリと戦うことが出来るのでしょうか?

かなり厳しい状況です。

F1 2019 第7戦 カナダGP FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’12.767 31
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’12.914 25
3 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’13.720 24
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’13.467 26
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’13.905 28
6 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’13.945 30
7 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’13.973 34
8 ダニエル・リカルド ルノー 1’14.123 31
9 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’14.172 31
10 ケビン・マグヌッセン ハース 1’14.202 32
11 ランド・ノリス マクラーレン 1’14.246 33
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’14.474 30
13 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’14.570 27
14 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’14.582 17
15 ロマン・グロージャン ハース 1’14.645 31
16 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’14.703 36
17 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’14.812 32
18 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’15.343 32
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’15.989 29
20 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1’16.199 33

 

ホンダ勢はフェルスタッペンをのぞいて苦労しているように見えます。

F1 2019 第7戦 カナダGP FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’12.177 39
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’12.251 38
3 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’12.311 46
4 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’12.553 45
5 ケビン・マグヌッセン ハース 1’12.935 41
6 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’12.938 8
7 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’13.003 39
8 ダニエル・リカルド ルノー 1’13.016 40
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’13.168 42
10 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’13.171 37
11 ランド・ノリス マクラーレン 1’13.249 38
12 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’13.345 38
13 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’13.388 22
14 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’13.436 45
15 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’13.521 40
16 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’13.542 41
17 ロマン・グロージャン ハース 1’13.598 39
18 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’14.870 16
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’15.036 36
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’15.287 44

 

ホンダ勢は4台とも同じような位置。
但しフェルスタッペンはウォールに接触したためです。

F1 2019 第7戦 カナダGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’10.843 19
2 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’10.982 17
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’11.236 20
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’11.531 19
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’11.842 15
6 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’11.914 19
7 ダニエル・リカルド ルノー 1’12.045 16
8 ランド・ノリス マクラーレン 1’12.154 17
9 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’12.175 17
10 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’12.298 23
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’12.305 17
12 ケビン・マグヌッセン ハース 1’12.337 17
13 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’12.399 21
14 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’12.423 20
15 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’12.627 24
16 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’12.708 19
17 ロマン・グロージャン ハース 1’13.197 11
18 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’13.966 17
19 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’14.426 24
20 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1

 

FP3からフェラーリが好調!
本番でフェラーリがメルセデスに勝てるかどうかが見所です。

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました