マクラーレンがホンダの次に切ったのはエリック・ブーリエだった。


image by Engyles 

F1で驚きのニュースが飛び込んできました。

マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエが辞任したということです。

実際には更迭だったとか。

(キャッチではホンダの次にエリックという書き方をしましたが、実は4月に技術責任者のティム・ゴスも更迭されています。)

スポンサーリンク
AdSence

切るのはエリック・ブーリエでよかったのか?

私にはエリック・ブーリエというとルノーのチーム代表という肩書きの方が思い出されます。

ルノーがロータスになってからも印象的な仕事をしていました。

キミ・ライコネンがロータスからF1に復帰して記憶に残るパフォーマンスを見せたときもエリック・ブーリエはそこにいました。

しかし2014年突然ロータスを辞めたエリック・ブーリエは何故かマクラーレンに移籍していたのです。

ロン・デニスがF1の現場から退いてからはマクラーレンのリーダーは誰なのか分からなくなっていきました。

ルノーのチーム代表だった人間がマクラーレンにいるというのもおかしなことです。

その後、フェルナンド・アロンソがマクラーレンに戻ってくると、マクラーレン・ホンダのプロジェクトが始まっています。

ブーリエはマクラーレン・ホンダ体制を成功に導けず、後半にはマクラーレンの低迷をホンダのせいにしてきました。

そしてホンダを切ってロータスのPUを載せた今年も状況は何一つ変わっていません。

責任を取らされるのは仕方ないように見えます。

しかし、私にはそれでいいとは思えないのです。

近年のマクラーレンはフェルナンド・アロンソのやりたい放題です。

インディに参戦してみたり、アロンソをWECにも参戦させてみたり。

これらはザク・ブラウンになってからです。

ロン・デニスならばこのようなことは許さなかったでしょう。

マクラーレンの低迷の元凶はザク・ブラウンのような気がして仕方がありません。

どうせならザク・ブラウンを切って、フェルナンド・アロンソも放出してしまえばいいと思います。

ドライバーはストフェル・バンドーンとランド・ノリスで十分です。

F1に集中出来ないザク・ブラウンとフェルナンド・アロンソこそマクラーレンから去るべきなのではないでしょうか。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン