上海インターナショナルサーキットは同じヘルマン・ティルケのサーキットでもバーレーンとは大違い。トロロッソ・ホンダは力を発揮できるでしょうか?


image by emperornie 

バーレーンGPの好成績に沸き立つトロロッソ・ホンダ。
4位入賞の余韻に浸りつつも中国GPが連戦で開始されました。

上海インターナショナルサーキットはロングストレートが2本あり、バーレーンと同じストップ・アンド・ゴーのサーキットといえどパワーユニットには厳しそうです。

トロロッソ・ホンダは今回も十分なパフォーマンスを発揮することができるでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

バーレーンGPの好成績でレッドブル・ホンダが見えてきた?

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーのヘルムート・マルコの最近の言動はずいぶんホンダよりです。

ホンダを手放したマクラーレンをも批判しています。

もし、来年レッドブル・ホンダが誕生すれば、マクラーレンとの戦いがより一層面白くなると思います。

しかし、まだ2戦をこなしたばかりなので、来年のことを言うのは時期尚早でしょう。

とにかくトロロッソに頑張ってもらいたいです。

最高速は出ているようですが…

トロロッソ・ホンダのフリー・プラクティスは、最高速という面では上々のようです。

しかし、タイムの順位では中位以下となっています。

セッティングを高速に振りすぎて、コーナーで苦しんでいるのでしょうか?

すこし心配です。

今度はWECでサーキットを経験しているブレンドン・ハートレーの活躍に期待してます。

FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’33.99922
2キミ・ライコネンフェラーリ1’34.35814
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’34.45728
4ダニエル・リカルドレッドブル1’34.53722
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’34.66822
6セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’34.86118
7ケビン・マグヌッセンハース1’35.17821
8カルロス・サインツルノー1’35.61623
9ロマン・グロージャンハース1’35.71821
10ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’35.80018
11ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’36.03721
12フェルナンド・アロンソマクラーレン1’36.04429
13セルジオ・ペレスフォース・インディア1’36.05128
14エステバン・オコンフォース・インディア1’36.35132
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’36.69131
16ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’36.71523
17シャルル・ルクレールザウバー1’36.72323
18ストフェル・バンドーンマクラーレン1’36.75625
19マーカス・エリクソンザウバー1’36.90921
20ランス・ストロールウィリアムズ1’37.27728

FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’33.48226
2キミ・ライコネンフェラーリ1’33.48926
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’33.51527
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.59027
5マックス・フェルスタッペンレッドブル1’33.82326
6ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’34.31330
7ケビン・マグヌッセンハース1’34.45826
8カルロス・サインツルノー1’34.47328
9ダニエル・リカルドレッドブル1’34.55726
10フェルナンド・アロンソマクラーレン1’34.63223
11セルジオ・ペレスフォース・インディア1’34.79230
12ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’34.84933
13エステバン・オコンフォース・インディア1’34.87430
14ストフェル・バンドーンマクラーレン1’35.16322
15ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’35.33337
16セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’35.34031
17マーカス・エリクソンザウバー1’35.62429
18シャルル・ルクレールザウバー1’35.91626
19ロマン・グロージャンハース1’36.47126
20ランス・ストロールウィリアムズ1’37.14719

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン