フォーミュラE開幕! バットマンカーみたいな第2世代マシンがいいかも。


image by Al Pavangkanan

フォーミュラEが開幕しました。
2014年、佐藤琢磨が参戦したときに1度しか見ていなかったフォーミュラE。

今年は妙に気になります。

開幕戦はBMW i アンドレッティ・モータースポーツのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタがポール・トゥ・ウインを飾りました。

スポンサーリンク
AdSence

マッサもバンドーンも参戦

5シーズン目を迎えたフォーミュラEにはF1経験者が多くなってきました。

ジャン・エリック・ベルニュ、セバスチャン・ブエミ、ルーカス・ディ・グラッシ、ネルソン・ピケJrらに加え、今年はフェリペ・マッサ、ストフェル・バンドーンも参戦します。

F1からスライドするように参戦するバンドーンはどれくらいパフォーマンスを発揮するのか興味があります。

今までフォーミュラEを見てこなかったので、速さの決め手がなんなのか分かりません。
同じ「Gen2」マシンなので、純粋にドライバーの差が出てくるのでしょうか?

バットマンカーみたいなフォーミュラEのマシン

今年のマシンはまるでバットマンカー(冒頭の写真参照)みたいですね。

参照 フォーミュラE、シーズン5登場の第2世代マシンの姿を公開(motorsport.com)

ディフューザーを見ると鋭角的になっていますが、マクラーレン・MP4/5Bに搭載されたバットマン・ディフューザーを思い出します。

リアウイングもセンターから左右に伸びていて、バットマンカーにそっくり。
ドライバー保護デバイスのハロも違和感ありません。

こんな車に乗ってみたいです。

電動のフォーミュラEは駆動音もバットマンカーに似ている気がします。

……

マッサは開幕戦で複数の違反があったようでドライブスルーペナルティーを受けています。

レース後に「自分がどうしてドライブスルーを科せられたのかさえわかっていない」とコメントしていました。

はじめてのフォーミュラEで無知だったのかと思っていましたが、どうやらソフトウェアの問題だったようです。

どうやらフォーミュラEもF1同様複雑なパワーユニット(フォーミュラEの場合はモーター)を抱えているようですね。

今年のマシンはいい感じのフォルムを持っているので、今後もフォローしていきたいと思います。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン