トロロッソ・ホンダは雨のF1USGPフリープラクティスで2位の好結果! 新スペック3エンジンを積んでSTR13はさらに進歩した。


image by Joe McGowan

F1アメリカGPのフリープラクティスは悪天候の中、行われました。

トロロッソ・ホンダは共振問題(オシレーション)を改善したエンジンを持ち込みました。

そのため、エンジンペナルティーは避けられません。
しかし、残り少ない今後の戦いには有利なはずです。

そのエンジンを積んだトロロッソ・ホンダのスピードがどれくらいのものなのかが今回のGPの焦点です。

スポンサーリンク
AdSence

雨のプラクティスでは判断が難しいが…

ドライコンディションでスペック3のテストを行いたかったところですが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称 COTA)は、あいにくの雨。

FP1、FP2ともにスリックでのテストは出来ませんでした。
しかし、FP2の後半では雨があがり若干改善したコンディションでピエール・ガスリーが2位となる好タイムを残しています。

ホンダエンジンのオシレーション問題は改善されて、高パフォーマンスを誇っています。

ホンダエンジンはルノーをパワーで上まわったという見方が多く、来年のレッドブル・ホンダに、ますます期待が高まってきました。

あとは来シーズンのドライバーが気になります。

F2チャンピオンシップで2位につけているアレクサンダー・アルボンの名前が浮上してきましたが、どうなるのでしょうか?

気掛かりです。

F1 2018 第18戦 USGP FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’47.5026
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’48.8067
3マックス・フェルスタッペンレッドブル1’48.8479
4ダニエル・リカルドレッドブル1’49.3269
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’49.48918
6キミ・ライコネンフェラーリ1’49.92820
7カルロス・サインツルノー1’50.6658
8ロマン・グロージャンハース1’50.82110
9シャルル・ルクレールザウバー1’50.96114
10マーカス・エリクソンザウバー1’51.01614
11フェルナンド・アロンソマクラーレン1’51.0369
12ランド・ノリスマクラーレン1’51.2329
13ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’51.23419
14セルジオ・ペレスフォース・インディア1’51.45918
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’51.58914
16ケビン・マグヌッセンハース1’51.61415
17エステバン・オコンフォース・インディア1’51.65517
18ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’51.7177
19ランス・ストロールウィリアムズ1’51.89614
20ショーン・ゲラエルトロロッソ・ホンダ1’52.62521

F1 2018 第18戦 USGP FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’48.7163
2ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’49.72810
3マックス・フェルスタッペンレッドブル1’49.7985
4フェルナンド・アロンソマクラーレン1’51.7283
5ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’52.2086
6ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’52.50519
7マーカス・エリクソンザウバー1’53.0709
8ストフェル・バンドーンマクラーレン1’53.35410
9キミ・ライコネンフェラーリ1’53.4437
10セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’53.9128
11シャルル・ルクレールザウバー1’54.1019
12ランス・ストロールウィリアムズ1’54.6375
13セルジオ・ペレスフォース・インディア1’54.9636
14エステバン・オコンフォース・インディア1’54.3486
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’55.4468
16カルロス・サインツルノー2
17ダニエル・リカルドレッドブル
18ロマン・グロージャンハース
19ケビン・マグヌッセンハース
20バルテリ・ボッタスメルセデス

ダニエル・リカルド以下は悪天候のため出走を見送りました。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン