トロロッソ・ホンダは雨のF1USGPフリープラクティスで2位の好結果! 新スペック3エンジンを積んでSTR13はさらに進歩した。


Photo by Joe McGowan

 

F1アメリカGPのフリープラクティスは悪天候の中、行われました。

トロロッソ・ホンダは共振問題(オシレーション)を改善したエンジンを持ち込みました。

そのため、エンジンペナルティーは避けられません。
しかし、残り少ない今後の戦いには有利なはずです。

そのエンジンを積んだトロロッソ・ホンダのスピードがどれくらいのものなのかが今回のGPの焦点です。

スポンサーリンク

雨のプラクティスでは判断が難しいが…

ドライコンディションでスペック3のテストを行いたかったところですが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称 COTA)は、あいにくの雨。

FP1、FP2ともにスリックでのテストは出来ませんでした。
しかし、FP2の後半では雨があがり若干改善したコンディションでピエール・ガスリーが2位となる好タイムを残しています。

ホンダエンジンのオシレーション問題は改善されて、高パフォーマンスを誇っています。

ホンダエンジンはルノーをパワーで上まわったという見方が多く、来年のレッドブル・ホンダに、ますます期待が高まってきました。

あとは来シーズンのドライバーが気になります。

F2チャンピオンシップで2位につけているアレクサンダー・アルボンの名前が浮上してきましたが、どうなるのでしょうか?

気掛かりです。

F1 2018 第18戦 USGP FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’47.502 6
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’48.806 7
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’48.847 9
4 ダニエル・リカルド レッドブル 1’49.326 9
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’49.489 18
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’49.928 20
7 カルロス・サインツ ルノー 1’50.665 8
8 ロマン・グロージャン ハース 1’50.821 10
9 シャルル・ルクレール ザウバー 1’50.961 14
10 マーカス・エリクソン ザウバー 1’51.016 14
11 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’51.036 9
12 ランド・ノリス マクラーレン 1’51.232 9
13 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’51.234 19
14 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’51.459 18
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’51.589 14
16 ケビン・マグヌッセン ハース 1’51.614 15
17 エステバン・オコン フォース・インディア 1’51.655 17
18 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’51.717 7
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’51.896 14
20 ショーン・ゲラエル トロロッソ・ホンダ 1’52.625 21

F1 2018 第18戦 USGP FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’48.716 3
2 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’49.728 10
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’49.798 5
4 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’51.728 3
5 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’52.208 6
6 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’52.505 19
7 マーカス・エリクソン ザウバー 1’53.070 9
8 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’53.354 10
9 キミ・ライコネン フェラーリ 1’53.443 7
10 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’53.912 8
11 シャルル・ルクレール ザウバー 1’54.101 9
12 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’54.637 5
13 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’54.963 6
14 エステバン・オコン フォース・インディア 1’54.348 6
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’55.446 8
16 カルロス・サインツ ルノー 2
17 ダニエル・リカルド レッドブル
18 ロマン・グロージャン ハース
19 ケビン・マグヌッセン ハース
20 バルテリ・ボッタス メルセデス

ダニエル・リカルド以下は悪天候のため出走を見送りました。

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました