PUに厳しいと言われるサーキットでは目立たなくなるトロロッソ・ホンダ。


image by Lee Dyer 

3連戦の最後のレース、イギリスGPが開幕しました。

だんだん目立たなくなるような気がするトロロッソ・ホンダ。

シルバーストーンもエンジン全開率は60%を超える、エンジンに厳しいサーキットです。

今回のレースは好結果を残すことが出来るでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

金曜日用のPUが壊れた

FP2でガスリーのPUが壊れましたが、これは旧スペックの金曜日用のPUでした。

ハートレーも金曜日用のPUを積んでいるようです。

どちらのドライバーも他のチームに比べると目立ちません。

FPではガスリーは12番手ぐらい、ハートレーは17番手ぐらいが定位置になってきたようです。(今回はどちらも下回っています)

ザウバーにまで負けてしまうようでは、予選やレースでも期待薄です。

フェラーリエンジンはメルセデスエンジンを上まわったのではないかと言われていますし、ハースやザウバーの好調も当たり前なのかもしれませんが…

2018年シーズンは折り返し地点をむかえました。
今後トロロッソ・ホンダは浮上できるのでしょうか?

FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’27.48724
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’27.85427
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’27.99822
4ダニエル・リカルドレッドブル1’28.14430
5キミ・ライコネンフェラーリ1’28.21824
6マックス・フェルスタッペンレッドブル1’28.32524
7ロマン・グロージャンハース1’29.35212
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1’29.81223
9エステバン・オコンフォース・インディア1’29.81524
10ランス・ストロールウィリアムズ1’29.87825
11マーカス・エリクソンザウバー1’29.94225
12ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’30.00431
13シャルル・ルクレールザウバー1’30.02727
14ケビン・マグヌッセンハース1’30.06520
15フェルナンド・アロンソマクラーレン1’30.32219
16カルロス・サインツルノー1’30.35822
17ストフェル・バンドーンマクラーレン1’30.41625
18ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’30.70118
19ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’30.74931
20セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’31.01722

FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’27.55236
2ルイス・ハミルトンメルセデス1’27.73932
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’27.90930
4キミ・ライコネンフェラーリ1’28.04534
5ダニエル・リカルドレッドブル1’28.40831
6フェルナンド・アロンソマクラーレン1’29.30631
7ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’29.35435
8エステバン・オコンフォース・インディア1’29.46733
9セルジオ・ペレスフォース・インディア1’29.52232
10シャルル・ルクレールザウバー1’29.55730
11カルロス・サインツルノー1’29.56336
12ケビン・マグヌッセンハース1’29.61733
13ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’29.83116
14マーカス・エリクソンザウバー1’30.04632
15ランス・ストロールウィリアムズ1’30.06934
16セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’30.10336
17ストフェル・バンドーンマクラーレン1’30.12131
18ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’30.40436
19マックス・フェルスタッペンレッドブル2
20ロマン・グロージャンハース

グロージャンはFP1でクラッシュ、フェルスタッペンはFP2でクラッシュしています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン