新スペックのホンダPU「RA618H」は戦えるのか?


image photo by daveoflogic 

カナダGPにおいて半数のドライバーがエンジンをアップデートしてきました。

メルセデスはまだですが、ホンダ、ルノー、フェラーリのPUが新しくなってます。

交換したドライバーとエレメントは以下の通り。

エンジン チーム ドライバー エレメント 基数
ホンダ トロロッソ ガスリー ICE 3
ターボ 3
MGU-H 3
MGU-K 2
ES 2
CE 2
ハートレー ICE 3
ルノー レッドブル リカルド ICE 3
ターボ 3
MGU-H 3
フェルスタッペン ICE 2
ターボ 3
MGU-H 2
CE 2
マクラーレン アロンソ ICE 2
MGU-H 2
MGU-K 2
バンドーン ICE 2
ターボ 2
MGU-H 2
ルノー ヒュルケンベルグ ICE 2
ターボ 2
MGU-H 3
CE 2
サインツ ICE 2
ターボ 2
MGU-H 3
CE 2
フェラーリ フェラーリ ベッテル ICE 2
ターボ 2
MGU-H 2
ライコネン ターボ 3

これを見ると規定いっぱいのPUエレメントを使ったドライバーもいますね。

これではエンジンペナルティーは避けられません。

スポンサーリンク
AdSence

ホンダPUはルノーに匹敵できるのか?

2回のフリープラクティスを終えて、ホンダ勢はスピードトラップでトップ5にはいっているという情報もありますし、トラブルも無くアップデートはうまくいったようです。

しかし、順位を見る限りではいつもとそんなに変わりありません。

ホンダの馬力は20馬力の改善と言われていますが、レッドブルの速さが目立つので、ルノーはそれ以上なのかもしれません。

フリープラクティスを見ても評価のしようがありません。
やっぱり予選を終えるまでは分かりませんね。

今回のホンダのエンジンアップグレードがレッドブル・ホンダの誕生を占うとも言われていますので、良い結果を残してもらいたいです。

FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’13.302 26
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’13.390 29
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’13.518 24
4 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’13.574 19
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’13.617 31
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’13.727 28
7 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’13.900 27
8 カルロス・サインツ ルノー 1’14.116 24
9 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’14.311 19
10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’15.004 31
11 エステバン・オコン フォース・インディア 1’15.071 29
12 ロマン・グロージャン ハース 1’15.119 21
13 マーカス・エリクソン ザウバー 1’15.386 30
14 シャルル・ルクレール ザウバー 1’15.439 30
15 ケビン・マグヌッセン ハース 1’15.579 21
16 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’15.756 38
17 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’15.768 30
18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’16.259 16
19 ニコラス・ラティフィ フォース・インディア 1’17.145 28
20 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 3

FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’12.198 39
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’12.328 42
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’12.603 17
4 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’12.777 39
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’12.985 24
6 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’13.061 40
7 ロマン・グロージャン ハース 1’13.620 34
8 エステバン・オコン フォース・インディア 1’13.747 40
9 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’13.754 40
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’13.866 30
11 シャルル・ルクレール ザウバー 1’13.884 39
12 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’13.889 42
13 ケビン・マグヌッセン ハース 1’13.956 39
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’13.967 37
15 マーカス・エリクソン ザウバー 1’14.108 41
16 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’14.167 14
17 カルロス・サインツ ルノー 1’14.433 9
18 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’14.486 39
19 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’14.703 40
20 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’14.782 35

レッドブルはルノー、ホンダ、どちらを選ぶのでしょうか?

やっぱりルノーかな…

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン