フェルナンド・アロンソが欠場となってしまったバーレーンGP

Bahrain GP
image photo by Faris Algosaibi 

全戦オーストラリアGPにおいて現役生涯で最も重大なアクシデントを起こしたフェルナンド・アロンソ。

バーレーンGP直前までは身体的にも問題ないと思われていたフェルナンド・アロンソですが、メディカルチェックにひっかかり、バーレーンGPに出場できないことになってしまいました。

スポンサーリンク
AdSence

フェルナンド・アロンソは肋骨骨折と肺虚脱

オーストラリアGPでの事故後、問題のなさそうな感じだったフェルナンド・アロンソは実際には身体にレース不能の損傷を負っていました。

昨年のテストでの事故でも初戦を欠場したアロンソですが、今年も順調なスタートとは行かなかったようです。

さらに、悪いことにバーレーンGPだけでなく次戦中国GPをも危ない状況です。

マクラーレン・ホンダはリザーブ・ドライバーのストッフェル・バンドールンを走らせる決断を下しました。

マクラーレン・ホンダMP4-31は好調?

フェルナンド・アロンソはアクシデントに見舞われましたが、マシンはその実力を発揮しつつあります。

FP2ではジェンソン・バトンがメルセデス勢に続く3位に食い込む健闘を見せています。

フリー・プラクティスとはいえ、ここまでタイムが伸びてくると、今年のレースは常時ポイントを狙える位置につけるかもしれません。

アロンソが万全な状態であれば表彰台も期待したくなるのですが、序盤は多くを望まず静観したいと思います。

……

しかし、FP3では13位、14位に落ち着きました。
さらにQ3進出が期待された予選ですが…

予選方式変化せず

オーストラリアGPでの新予選レギュレーションはショーとしては最悪の結果になりました。
その後、予選を以前の形態に戻すことが決まったと報道されていたにも関わらず、バーレーンGPでも新予選レギュレーションが継続されることになってしまいました。

前回の予選を見たあとの記事でも主張しましたが、新予選は遅さを競うようなものです。

いつも辛口コメントで知られるマーク・ウェバーですが、同じ意見のようですね。
だれもが分かっていることなのに、何故このような予選を続けるのか分かりません。

僕が不満なのは、当落線上にいるドライバーや、遅いけど生き残ろうとしているドライバーに注目しすぎな点だ。失礼ながら言わせてもらうけど、みんなニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレスや若いエステバン・グティエレスに注目してばかりだ。それはまあいいよ。でも同時に、グリッドの前列を形成するビッグボーイたちのラップにも注目すべきなんじゃないかな

出典:予選の現状にショックを受けるウェバー(ESFN F1)

予選結果

期待されたマクラーレン・ホンダですが、やっぱりトロ・ロッソ、ハースに劣るようです。
ハースが9番手とは、新規参入ながらフェラーリのバックアップを得ているだけありますね。

前戦の入賞もフロックではなさそうです。

順位 ドライバー チーム 最速ラップ
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’29.493
2 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1’29.570
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’30.012
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’30.244
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’30.854
6 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ 1’31.153
7 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’31.155
8 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア 1’31.620
9 ロマン・グロージャン ハース 1’31.756
10 マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ 1’31.772
11 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’31.816
12 ストッフェル・バンドールン マクラーレン 1’31.934
13 エステバン・グティエレス ハース 1’31.945
14 ジェンソン・バトン マクラーレン 1’31.998
15 ダニール・クビアト レッドブル 1’32.241
16 パスカル・ウェーレイン マノー 1’32.806
17 マーカス・エリクソン ザウバー 1’32.840
18 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’32.911
19 ケビン・マグヌッセン ルノー 1’33.181
20 ジョリオン・パーマー ルノー 1’33.438
21 リオ・ハリアント マノー 1’34.190
22 フェリペ・ナッセ ザウバー 1’34.388

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン