F1 2017 ロシアGP予選:フェラーリ、ワンツー!今年はフェラーリだ!…しかし、今のホンダには誰も期待していないのでは?


image by Ben Sutherland 

今年はやっぱりフェラーリです。

フロントローはフェラーリのベッテルとライコネンになりました。

二人そろっての結果がフェラーリの実力を示しています。

スポンサーリンク
AdSence

ホンダは?

バーレーンテストの2日目は突然の好調でよけいに混迷を極める結果となったホンダのエンジン。
誰もがホンダのエンジンに「信頼」という言葉を当てはめられなくなりました。

ストフェル・バンドーンのマシンは4基目のコンポーネントを既に使ってしまい、15グリッドの降格ペナルティを課されてしまいました。

アロンソにも来年はルノーに行ってしまいそうな発言が出てきています。
ヒュルケンベルグとのコンビがルノーにとっては理想でしょう。

もうホンダには誰も期待していないのではないでしょうか?

ホンダが活躍するようなら奇蹟的

F1ではホンダの救済まで話題に上るようになっています。
日本人としては情けない限りです。

理論的には素晴らしいエンジンなのかもしれませんが、結果を残せないならまったく意味がありません。

ストフェル・バンドーンはまったく結果を残せていません。
フェルナンド・アロンソはそれでも頑張ってQ2に進出しています。

いつになったらパフォーマンスを解放できるのでしょうか?

もう2017年はホンダファンにとっては忘れたい年になりました。

2018年にザウバーと頑張ってください。

予選結果

順位ドライバーチームタイム
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.194
2キミ・ライコネンフェラーリ1’33.253
3バルテリ・ボッタスメルセデス1’33.289
4ルイス・ハミルトンメルセデス1’33.767
5ダニエル・リカルドレッドブル1’34.905
6フェリペ・マッサウィリアムズ1’35.110
7マックス・フェルスタッペンレッドブル1’35.161
8ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’35.285
9セルジオ・ペレスフォース・インディア1’35.337
10 エステバン・オコンフォース・インディア1’35.430
11カルロス・サインツトロ・ロッソ1’35.948
12ランス・ストロールウィリアムズ1’35.964
13ダニール・クビアトトロ・ロッソ1’35.968
14ケビン・マグヌッセンハースF11’36.017
15フェルナンド・アロンソマクラーレン・ホンダ1’36.660
16ジョリオン・パーマールノー1’36.462
17ストフェル・バンドーンマクラーレン・ホンダ1’37.070
18パスカル・ウェーレインザウバー1’37.332
19マーカス・エリクソンザウバー1’37.507
20ロマン・グロージャンハースF11’37.620

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン