F1 2017 日本GP決勝:セバスチャン・ベッテル、リタイア。今年のチャンピオンシップもルイス・ハミルトンで決まりか?


image by Takayuki Suzuki 

2017年のF1日本GPが終わってしまいました。

今度こそセバスチャン・ベッテルには頑張って欲しかったのですが、負のスパイラルは続いているようです。

昨年に続いて日本GPは期待外れになってしまいました。

スポンサーリンク
AdSence

ベッテル、スパークプラグトラブル

ベッテルはスタートと同時にパワーを失い早々とリタイアしてしまいました。

これでルイス・ハミルトンとのタイトル争いも終わってしまいました。

シーズンの序盤はフェラーリが好調で期待しました。

しかし、今年もメルセデスですね。

シンガポールGPからフェラーリはガタガタと崩れ去ってしまいました。

それも自らのミスやトラブルによってです。

これではアロンソが愛想を尽かすのももっともです。

チーム自体に問題があるのかもしれませんね。

トロ・ロッソのサインツがリタイアでピエール・ガスリーの力が見えてこない

トロ・ロッソのカルロス・サインツは次戦USGPからルノーに移籍することが決まりました。

カルロス・サインツは、ここ2戦連続でリタイアしており、新しくチームに加入したピエール・ガスリーとの比較が出来ずに終わってしまいました。

ガスリーは2戦とも完走を果たしていますが、新人らしいミスもしており、どのくらいの力量なのかハッキリしません。

来年はピエール・ガスリーを追っていくつもりなので、同じマシンでのサインツとのバトルも見たかったのですが、残念な結果でした。

結果

F1 2017 第16戦 日本GP
鈴鹿サーキット – 全53周(2017.10.8)

順位ドライバーチームポイント
1ルイス・ハミルトンメルセデス25
2マックス・フェルスタッペンレッドブル18
3ダニエル・リカルドレッドブル15
4バルテリ・ボッタスメルセデス12
5キミ・ライコネンフェラーリ10
6エステバン・オコンフォース・インディア8
7セルジオ・ペレスフォース・インディア6
8ケビン・マグヌッセンハース4
9ロマン・グロージャンハース2
10フェリペ・マッサウィリアムズ1
11フェルナンド・アロンソマクラーレン
12ジョリオン・パーマールノー
13ピエール・ガスリートロ・ロッソ
14ストフェル・バンドーンマクラーレン
15パスカル・ウェーレインザウバー
r(45)ランス・ストロールウィリアムズ
r(40)ニコ・ヒュルケンベルグルノー
r(7)マーカス・エリクソンザウバー
r(4)セバスチャン・ベッテルフェラーリ
r(0)カルロス・サインツトロ・ロッソ

ドライバーズ・ランキング

順位ドライバー(チーム:No)ポイント
1ルイス・ハミルトン(メルセデス:44)306
2セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5)247
3バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77)234
4ダニエル・リカルド(レッドブル:3)192
5キミ・ライコネン(フェラーリ:7)148
6マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33)111
7セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11)82
8エステバン・オコン(フォース・インディア:31)65
9カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55)48
10ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27)34
11フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19)34
12ランス・ストロール(ウイリアムズ:18)32
13ロマン・グロージャン(ハース:8)28
14ケビン・マグヌッセン(ハース:20)15
15ストフェル・バンドールン(マクラーレン:2)13
16フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14)10
17ジョリオン・パーマー(ルノー:30)8
18パスカル・ウェーレイン(ザウバー:94)5
19ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26)4
マーカス・エリクソン(ザウバー:9)[11]
アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー:36)[12]
ピエール・ガスリー(トロ・ロッソ:10)[13]
ジェンソン・バトン(マクラーレン:22)
ポール・ディ・レスタ(ウイリアムズ:40)

コンストラクターズ・ランキング

順位チームポイント
1メルセデス540
2フェラーリ395
3レッドブル303
4フォース・インディア147
5ウィリアムズ66
6トロ・ロッソ52
7ハース43
8ルノー42
9マクラーレン23
10ザウバー5

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン