F1 2017 日本GP予選:ルイス・ハミルトンが鈴鹿初ポール。ピエール・ガスリーはQ1落ち。


image photo by Michael Elleray 

いよいよホンダの母国GPが始まりました。

好成績を残すことを期待していたのですが、アロンソのマシンはエンジン交換でグリッドペナルティというニュース。

ホンダのエンジンはいつになったら目覚めるのでしょうか?

しかも載せ替えるエンジンはスペック3.7のようです。

スペック4じゃないところがイライラをつのらせますね。

スポンサーリンク
AdSence

ピエール・ガスリーはQ1落ち。
ロマン・グロージャンのクラッシュでアタックできず。

期待のトロロッソ、ピエール・ガスリーはQ1でアタックも出来ませんでした。

Q1終了間際、ハースのロマン・グロージャンがクラッシュし、赤旗となったせいです。

ガスリーに期待していたのに残念な結果となりました。

メルセデスがフェラーリを圧倒

鈴鹿はドライバーズ・サーキットと言われながらも、エンジンの性能に寄与するところが大きいサーキットです。

フェラーリ、レッドブルは別格としてもフォース・インディアやウィリアムズの強さが目立ちました。

メルセデス vs フェラーリの戦いは、ここでもメルセデスが勝ってしまいました。

流れとしては、今年もメルセデス・ハミルトンのチャンピオン獲得が濃厚になってきました。

ハミルトンにアクシデントがない限りフェラーリにチャンスはないと思われます。

ルイス・ハミルトンは鈴鹿で初のポールポジションを獲得して盤石の体制を築いています。

予選結果

順位 ドライバー チーム タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’27.319
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’27.651
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’27.791
4 ダニエル・リカルド レッドブル 1’28.306
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’28.332
6 キミ・ライコネン フェラーリ 1’28.498
7 エステバン・オコン フォース・インディア 1’29.111
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’29.260
9 フェリペ・マッサ ウィリアムズ 1’29.480
10 フェルナンド・アロンソ マクラーレン・ホンダ 1’30.687
11 ストフェル・バンドーン マクラーレン・ホンダ 1’29.778
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’29.879
13 ケビン・マグヌッセン ハースF1 1’29.972
14 ジョリオン・パーマー ルノー 1’30.022
15 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1’30.413
16 ロマン・グロージャン ハースF1 1’30.849
17 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ 1’31.317
18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’31.409
19 マーカス・エリクソン ザウバー 1’31.597
20 パスカル・ウェーレイン ザウバー 1’31.885

2016年の結果は以下です。
比較して見て下さい。

image photo by MATSUOKA Kohei  楽しみにしていたF1日本グランプリでしたが、予選結果は惨憺たる状況で...

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン