フェルナンド・アロンソのマクラーレン残留が決定! アロンソはマクラーレンを象徴するようなドライバーになれるのか?


image photo by Ryosuke Yagi 

フェルナンド・アロンソのマクラーレン残留が正式発表されました。

マクラーレンがルノーエンジンを搭載することが決まってからは既定路線の発表です。

すでにマクラーレン・ホンダの継続はないので、私はフェルナンド・アロンソが残っても残らなくても、どちらでもいいと思っていました。

しかし、マクラーレンに残るからにはマクラーレンを象徴するような名ドライバーに成ってもらいたいものです。

果たして、アロンソはそのようなドライバーとしてマクラーレンの歴史に名を残すことが出来るのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

思い起こすことが出来るマクラーレンのドライバー

私はF1がテレビ放送されるようになってからのファンです。

そんな私がマクラーレンの代表的なドライバーとして思い出せるドライバーを列挙してみました。

  • ニキ・ラウダ
  • アラン・プロスト
  • アイルトン・セナ
  • ミカ・ハッキネン

です。

この4人はマクラーレンにおいてワールドチャンピオンになっています。

しかし、ニキ・ラウダはフェラーリでの印象の方が強いですし、アラン・プロストはウィリアムズでもチャンピオンになっています。

そのため、本当にマクラーレンのドライバーと言えるのはアイルトン・セナとミカ・ハッキネンだけかもしれません。

アイルトン・セナは1988年、1990年、1991年にマクラーレンでチャンピオンを獲得し、ミカ・ハッキネンは1998年、1999年のチャンピオンです。

やはり、マクラーレンのドライバーとして記憶されるためにはマクラーレンでチャンピオンになることが必要です。

では、フェルナンド・アロンソはどうでしょうか?

フェルナンド・アロンソはマクラーレンを象徴するドライバーにはなれない

アロンソがワールドチャンピオンになったのは2005年、2006年。
ルノーで獲得したものです。

その後の2007年はマクラーレンに移籍していますが、ルイス・ハミルトンとの確執によって、1年でルノーに戻っています。

その後フェラーリを経て、2015年からマクラーレン・ホンダと共に現在に至ります。
この3年は、ホンダエンジンの信頼性・パフォーマンス不足から不遇の時期を過ごしています。

このような経緯を見ると、私にはフェルナンド・アロンソがマクラーレンを象徴するようなドライバーには見えません。

実績から判断すると、ルノーのフェルナンド・アロンソと言う方がいいでしょう。

……

2018年からはマクラーレン・ルノーのフェルナンド・アロンソとなるわけですが、そのチームでアロンソはワールドチャンピオンを獲得できるでしょうか?

もし、チャンピオンを獲得できたとしたら、アロンソはマクラーレンのドライバーとして歴史に名を残すことになるでしょう。

しかし、たとえ、そうなったとしても純粋にマクラーレンのドライバーと言えるでしょうか?

ルノーエンジンを載せたマクラーレンで勝ったとしても、やはりルノーのアロンソという印象はぬぐえないのでは?

フェルナンド・アロンソとはいったい何になろうとしているのか、私には分からないのです。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン