F1 2017 第1回バルセロナテスト2日目、苦戦するマクラーレン・ホンダ


image photo by José Manuel Romero 

プレシーズンテストの2日目が終わりました。

マクラーレン・ホンダはエンジントラブルで2日とも、まともに走れていません。

同じように大きくパワーユニットの仕様を変更したルノー勢も周回数はたいしたことないので、落胆することはないのかもしれません。

しかし、2015年を彷彿とさせる出だしの悪さに苛立ちを覚えます。

スポンサーリンク
AdSence

バルセロナ・テスト2日目(2017.2.28)

初日にフェルナンド・アロンソがオイル系のトラブルで、パワーユニットの交換に追い込まれてしまいました。

そして、2日目もまたストフェル・バンドーンが操縦するマシンはパワーを失い、パワーユニット交換を強いられています。

バンドーンのタイムはアロンソと同じ10番手で目立ちません。

旧型エンジンを使うザウバーにも水をあけられる不甲斐なさです。

信頼性問題は予想されていたことなのですが、95パーセントが新しいといわれるルノーエンジンよりもひどい出来なのが許せません。

今年こそマクラーレンがトップチームに返り咲くことを期待しているのですが、このスロースタートには閉口します。

メルセデスやフェラーリが順調にマイレージを稼いでいるのをみると、今年の順位も昨年と同じような気がして来ます。

レギュレーションの変更も大きな影響は無かったのでしょうか。

順位 ドライバー マシン タイム 周回数
1 キミ・ライコネン フェラーリ SF70-H 1’20.960 108
2 ルイス・ハミルトン メルセデス W08 1’20.983 66
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル RB13 1’22.200 89
4 ケビン・マグヌッセン ハースF1 VF-17 1’22.204 118
5 エステバン・オコン フォース・インディア VJM10 1’22.509 86
6 ダニール・クビアト トロ・ロッソ STR12 1’22.956 68
7 バルテリ・ボッタス メルセデス W08 1’22.986 102
8 ジョリオン・パーマー ルノー R.S.17 1’24.139 53
9 アントニオ・ジョビナッツィ ザウバー C36 1’24.617 67
10 ストフェル・バンドーン マクラーレン MCL32 1’25.600 40
11 ランス・ストロール ウィリアムズ FW40 1’26.040 12

テストも2日目でトップタイムは1秒近く速くなっています。

© bluelady.jp

image photo by Takayuki Suzuki  バルセロナ・テストが始まりました。 オイルシステムのトラブルで、...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン