F1 2017 第1回バルセロナテスト最終日、マクラーレン・ホンダは順調に周回。メルセデスエンジン・ルノーエンジンにトラブル。


image photo by Sportz Fotos 

プレシーズン・テストの前半、最終日となった3月2日は人工的にウエット・コンディションをつくりテストが行われました。

ランス・ストロールがマシンを壊してしまったウィリアムズはテスト最終日に参加することが出来ませんでした。

マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーンが最終日のテストを担当しています。

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダ

ストフェル・バンドーンは67周を周回し、当日予定されていたテストの全てを完了させています。

最終日は、ウエットからドライに変わるコンディションの中で行われていますので、タイムはそれほど重要ではありません。

しかし、バンドーンがウルトラソフトを履いてたたき出した、1分22秒576はメルセデスから3秒近く遅れているという事実は、あまり気持ちのいいものではありません。

2015年のようなことはないでしょうが、昨年のように中位グループに留まってしまうことも歓迎できません。

本番用のエンジンを積む予定のプレシーズン・テスト後半ではしっかりタイムを伸ばしてくれることを願っています。

https://twitter.com/McLarenF1/status/837331257914757120

メルセデスとトロ・ロッソにトラブル

メルセデスエンジンに電気系トラブルが発生し、ルイス・ハミルトンは出走出来ずに午前中のテストを終了しています。

また、トロ・ロッソもルノーエンジンのトラブルによって1周しか周回できませんでした。

マクラーレン・ホンダにトラブルが起きると騒ぎ立てるプレスですが、プレシーズンテストでの信頼性は何処も似たようなものだと分かります。

ただし、フェラーリだけは別格のように感じました。

今年はフェラーリがいいところに行きそうですね。

順位 ドライバー マシン タイム 周回数
1 キミ・ライコネン フェラーリ SF70-H 1’20.872 93
2 マックス・フェルスタッペン レッドブル RB13 1’21.769 85
3 ジョリオン・パーマー ルノー R.S.17 1’21.778 39
4 ロマン・グロージャン ハースF1 VF-17 1’22.309 118
5 アントニオ・ジョビナッツィ ザウバー C36 1’22.401 84
6 セルジオ・ペレス フォース・インディア VJM10 1’22.534 82
7 ストフェル・バンドーン マクラーレン MCL32 1’22.576 67
8 バルテリ・ボッタス メルセデス W08 1’23.443 68
9 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー R.S.17 1’24.974 51
10 ダニール・クビアト トロ・ロッソ STR12 1

来週のプレシーズンテストは7日(火曜日)から4日間です。

いよいよマクラーレン・ホンダの実力が見えてくるはずです。

© bluelady.jp

image photo by nhayashida  1回目のプレシーズンテストも3日が終わってしまいました。 心配していた...
スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン