F1 2019 第9戦・オーストリアGP 予選:フェラーリのシャルル・ルクレールがポール・ポジション


Photo by Artes Max

第9戦オーストリアGPはフェラーリのシャルル・ルクレールがポール・ポジションを獲得しました。

第9戦にしてメルセデス以外のチームが決勝で優勝出来るか、期待がかかります。

スポンサーリンク

徐々にホンダに対するプレッシャーが大きくなってきた

レッドブルはマクラーレンやルノーにまで追いすがられるようになり、ついにホンダのパワー不足を問題にするようになっています。

ホンダ自体もスペック3が期待よりも改善していないことを認識しています。

このような状況でもマックス・フェルスタッペンはハミルトンに並ぶトップドライバーであることを証明し続ける安定感を見せています。

今、最も懸念されるのは来シーズン、フェルスタッペンがレッドブルを離れることでしょう。

ホンダは今期中にフェルスタッペンを納得させるだけのパワーアップを果たす必要があります。

いつになったらホンダエンジンのパワーアップが実現するのか?
決勝レースより緊張感があります。

予選結果

 

順位 ドライバー チーム タイム
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’03.003
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’03.262
3 マックス・フェルスタッペンシャ レッドブル・ホンダ 1’03.439
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’03.537
5 ケビン・マグヌッセン ハース 1’04.072
6 ランド・ノリス マクラーレン 1’04.099
7 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’04.166
8 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’04.179
9 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’04.199
10 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’03.667(Q2)
11 ロマン・グロージャン ハース 1’04.490
12 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’04.516
13 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’04.665
14 ダニエル・リカルド ルノー 1’04.790
15 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’13.601
16 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’04.789
17 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’04.832
18 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’05.324
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’05.904
20 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’06.206

 

ベッテルはエンジントラブルでQ3を走行できませんでした。

ガスリーはまたも予選失敗。
決勝でいいところがなければ、クビアトと変わった方が良いと思います。

……

2018年予選のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム タイム
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’03.130
2 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’03.149
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’03.464
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’03.660
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’03.840
6 ロマン・グロージャン ハースF1 1’03.892
7 ダニエル・リカルド レッドブル 1’03.996
8 ケビン・マグヌッセン ハースF1 1’04.051
9 カルロス・サインツ ルノー 1’04.725
10 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’05.019

 

レッドブル・リンクではハースが速いですね。

……

2018年決勝のトップ10は以下。

順位 ドライバー チーム ポイント
1 マックス・フェルスタッペン レッドブル 25
2 キミ・ライコネン フェラーリ 18
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 15
4 ロマン・グロージャン ハース 12
5 ケビン・マグヌッセン ハース 10
6 エステバン・オコン フォース・インディア 8
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア 6
8 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 4
9 シャルル・ルクレール ザウバー 2
10 マーカス・エリクソン ザウバー 1

 

昨年のメルセデスは2台ともリタイアしています。

ハミルトンのペナルティーでフロント・ロウからスタートするフェルスタッペンが今年も優勝することを期待します。

© bluelady.jp





コメント

タイトルとURLをコピーしました