ついに始まった2019年 F1バルセロナテスト初日!

2019年F1がバルセロナテストで始動しました。

レッドブル・ホンダ、トロロッソ・ホンダの2チーム体制でホンダエンジンはフェラーリとメルセデスに戦いを挑みます。

ウィリアムズは結局テスト初日にマシンが間に合わず不参加となっています。

スポンサーリンク
AdSence

2019年 F1バルセロナテスト初日、途中経過

テスト開始早々、グラベルに飛び込んだのはアルファ・ロメオのキミ・ライコネン。

今年はベッテルに気を遣うことが無くなったので、期待できます。

さらに、アクションが速いのがフェラーリ。ベッテルです。

順調にスピードを上げ、トップタイムを刻みました。

テスト開始から3時間が経過したタイムは以下の通り。

1FerrariVettel1分18秒425
2Alfa RomeoRaikkonen1分20秒160
3Red BullVerstappen1分20秒174
4MercedesBottas1分20秒285
5Racing PointPerez1分20秒406
6McLarenSainz1分20秒430
7HaasGrosjean1分21秒500
8RenaultHulkenberg1分21秒633
9Toro RossoKvyat1分22秒985

レッドブルは35周走っているにもかかわらず、トロロッソは12周に留まっています。

……

メインストレートのスピードトラップではフェルスタッペンが320km/hで最速を記録しています。

まだ、テストは始まったばかりですが、今年のレッドブルは速そうですね。

……

注目はフェラーリエンジンです。

ベッテルもライコネンも速いです。

アルファロメオが今年の台風の目になるかもしれません。

(追記)

午前の結果をまとめておきます。

1FerrariVettel1分18秒16172周
2Racing PointPerez1分19秒94420周
3MercedesBottas1分20秒12769周
4Alfa RomeoRaikkonen1分20秒16046周
5Red BullVerstappen1分20秒17452周
6McLarenSainz1分20秒43056周
7RenaultHulkenberg1分20秒98065周
8HaasGrosjean1分21秒50018周
9Toro RossoKvyat1分21秒73235周

フェルスタッペンの周回は52周を数えました。
トロロッソのスピードがイマイチなのが気になりますね。

今年はタイヤがC1〜C5まであります。(ハードからの順)

現時点ではC2とC3のタイムが混在しています。

(追記)

ウィリアムズはテスト2日目もパスするようです。
心配ですね。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン