ウィリアムズF1の2019年ドライバーは?


image by Takayuki Suzuki

既に2019年のF1に残されたシートは3つ。

但し、その中にはフォース・インディアの1つが含まれていて、ランス・ストロールが獲得することが確実視されています。

よって、残されたシートはウィリアムズF1の1つとトロロッソ・ホンダの1つという状況です。

ホンダのファンとして気になるのはトロロッソの1つですが、想像して面白いのはウィリアムズです。

スポンサーリンク
AdSence

ウィリアムズはエステバン・オコンか?

ウィリアムズは2017年のGP3チャンピオンで、今年はF2でタイトルが確実視されているジョージ・ラッセルを複数年契約で獲得しました。

イギリス人ですが、メルセデスの育成ドライバーです。

今年に入ってからジョージ・ラッセルの評判は漏れ聞こえていたので、よいドライバーであることは間違いないでしょう。

ウィリアムズは今後ジョージ・ラッセルを中心にF1を戦っていくはずです。

残るは、ラッセルのチームメイトが誰になるのかという問題です。

現在はロシア出身のセルゲイ・シロトキン、アルテム・マルケロフ、リザーブドライバーのロバート・クビサ、フォース・インディアのシートを失うエステバン・オコンの4名が候補にあがっています。

……

実力のなさそうなロシア人ドライバーはあり得ないとして…

私としてはロバート・クビサに復帰してもらいたいと思っています。

資金不足のウィリアムズために持参金を用意しているというニュースもあります。

しかし、年齢や近年の実績をみるとエステバン・オコンがベストチョイスであることは間違いありません。

クビサに乗って欲しいけど、オコンなら納得するしかないな…という印象です。

ただ、どちらもメルセデス関係のドライバーなのが気になります。

名門だったウィリアムズは、メルセデスのBチームになってしまうのでしょうか。

それだけは避けてもらいたいと思っています。

(ジョージ・ラッセルに頑張ってもらって)ウィリアムズが、なんとかルノーと戦えるぐらいの実力を示すことを願っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン