F1 2018 第18戦・USGP予選:トロロッソ・ホンダはエンジン・ペナルティーで捨てるレースとなったか?

F1USGPはトロロッソ・ホンダにとっては我慢のレースになります。

日本で投入したホンダのスペック3エンジンをさらに改良し、オシレーション問題を解決したエンジンを投入したものの、エンジン・ペナルティーは避けられません。

このエンジンの使用制限とか、馬鹿げたルールだな…と思います。

F1は別格として、いくらお金がかかってもいいんじゃないかと思ってしまうのです。
耐久レースみたいなルールは排除して欲しい。

ドライバーが全力が出せなかったり、開発が十分に出来ないシリーズっていったい何なんでしょうね。

世界最高峰とはいいづらい気がします。

 

F1 2018 第18戦 USGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’33.797 20
2 キミ・ライコネン フェラーリ 1’33.843 21
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’33.870 23
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’34.556 21
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’34.703 21
6 ダニエル・リカルド レッドブル 1’34.910 20
7 シャルル・ルクレール ザウバー 1’35.365 21
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’35.411 21
9 カルロス・サインツ ルノー 1’35.450 21
10 ロマン・グロージャン ハース 1’35.468 19
11 エステバン・オコン フォース・インディア 1’35.562 22
12 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’35.713 27
13 ケビン・マグヌッセン ハース 1’35.770 19
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’35.882 19
15 マーカス・エリクソン ザウバー 1’36.000 21
16 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’36.188 21
17 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’36.193 20
18 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’36.302 23
19 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’36.330 26
20 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’36.332 20

 

FP1、FP2の結果は以下。

トロロッソ・ホンダは雨のF1USGPフリープラクティスで2位の好結果! 新スペック3エンジンを積んでSTR13はさらに進歩した。
Photo by Joe McGowan F1アメリカGPのフリープラクティスは悪天候の中、行われました。 トロロッソ・ホンダは共振問題(オシレーション)を改善したエンジンを持ち込みました。 そのため、エンジ...
スポンサーリンク

トロロッソ・ホンダはQ2でタイムアタックせず

結局、トロロッソ・ホンダはQ1突破の後、Q2をアタックしませんでした。

エンジン交換のためガスリーもハートレーも最後尾からのスタートが決まっています。

しかし、ガスリーはQ1で7番手タイムを記録し、スペック3エンジンの可能性を示しています。

……

ベッテルが自滅してハミルトンのチャンピオンが濃厚になった現在ではF1は消化レースです。

ホンダエンジンと、決まってない2019年ドライバーだけが気掛かりです。

予選結果

順位 ドライバー チーム 最終タイム
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.237
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’32.298
3 キミ・ライコネン フェラーリ 1’32.307
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’32.616
5 ダニエル・リカルド レッドブル 1’33.494
6 エステバン・オコン フォース・インディア 1’34.145
7 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’34.215
8 ロマン・グロージャン ハースF1 1’34.250
9 シャルル・ルクレール ザウバー 1’34.420
10 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’34.594
11 カルロス・サインツ ルノー 1’34.566
12 ケビン・マグヌッセン ハースF1 1’34.732
13 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’34.850(Q1)
14 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’35.206(Q1)
15 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’34.766(Q1)
16 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’35.294
17 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’35.362
18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’35.480
19 マーカス・エリクソン ザウバー 1’35.536
20 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’35.735

マクラーレンはかわいそうなくらいのパフォーマンスです。
ウィリアムズと共に時代の移り変わりを感じさせます。

フェルスタッペンはマシントラブルでQ2をアタックできませんでした。

昨年の結果はこちら

ブレンドン・ハートレーは昨年USGPに出走しています。
あまりいい結果ではありませんでした。

F1 2017 US GP予選:ブレンドン・ハートレイ、Q1を突破出来ず。
Photo by David Merrett  カルロス・サインツがルノーに移籍し、ピエール・ガスリーがスーパーフォーミュラに参戦することから、耐久のブレンドン・ハートレイがF1デビューすることになりました。 来期の...

© bluelady.jp



コメント

タイトルとURLをコピーしました