ついにニコ・ロズベルグの後任が決定したメルセデス。やっぱりバルテリ・ボッタスだった。


image photo by Jake Archibald 

昨年、年末から噂されていたとおり、ニコ・ロズベルグの後任はフィンランド人ドライバーのバルテリ・ボッタスになりました。

どうも1年契約になったようです。

しかし、これは予想されたことですね。

スポンサーリンク
AdSence

バルテリ・ボッタスの実力は?

ボッタスはウイリアムズのテスト・ドライバー、リザーブ・ドライバーを経て2013年同チームからF1デビューしました。

チームメイトはパストール・マルドナドでした。
その年、ドライバーズポイントで17位となり18位のパストール・マルドナドに打ち勝っています。

2014年以降はフェリペ・マッサをチームメイトとしています。
マッサとの3年間は常にポイントで上まわってきました。

ボッタスは実績から見ても速いドライバーであることは間違いありません。

ウイリアムズで育ってきたボッタスは初めてチームを移籍することになります。

ボッタスがルイス・ハミルトンと勝負することになると、どちらが速いのでしょうか?

それが2017年F1の大きな見所の一つとなりそうです。

帰ってきたフェリペ・マッサ

フェリペ・マッサは引退を宣言していたにもかかわらず、撤回することになってしまいました。

涙のブラジルGPを思うと、そのまま引退させてあげたかったように思います。

フェリペ・マッサの契約もボッタス同様2017年のみなので、またブラジルGPでは引退母国レースとなってしまうでしょう。

今度こそ完走して母国GPを終わって欲しいと思います。

2018年のメルセデスドライバー

2017年F1がまだ始まってもないのに気が早いですが、2018年のメルセデスドライバーのことが気になります。

2017年いっぱいでセバスチャン・ベッテルやフェルナンド・アロンソの契約が切れます。

そうすると、メルセデスへ、という道もあるわけで、2018年のドライバーラインナップはシャッフルされてしまいそうな予感がします。

ボッタスがまたウイリアムズに戻ることもあるのでしょうか?

いずれにせよ、レギュレーションが大きく変わる2017年シーズンの車次第です。

セバスチャン・ベッテルやフェルナンド・アロンソが移籍場所を探さなくていいようにフェラーリもマクラーレン・ホンダも頑張ってもらいたいと思います。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン