2019年F1ドライバーラインアップの確定ももうすぐ。残るはトロロッソ・ホンダの1席のみ。ダニエル・ティクトゥムは5ポイントを取ることが出来るのか?


image by Takayuki Suzuki

ロバート・クビサが奇蹟のレギュラードライバー復活を成し遂げたことにより、2019年のF1ドライバーの確定が近づいています。

あと残るのはトロロッソ・ホンダの1席のみです。

スポンサーリンク

ほぼ決定した2019年F1ドライバー

以下の表で各チームのドライバーをまとめました。

メルセデス ルイス・ハミルトン
バルテリ・ボッタス
フェラーリ セバスチャン・ベッテル
シャルル・ルクレール
レッドブル マックス・フェルスタッペン
ピエール・ガスリー
ルノー ダニエル・リカルド
ニコ・ヒュルケンベルグ
マクラーレン カルロス・サインツ
ランド・ノリス
ザウバー キミ・ライコネン
アントニオ・ジョビナッツィ
フォース・インディア セルジオ・ペレス
ランス・ストロール TBA
ハース ケビン・マグヌッセン
ロマン・グロージャン
ウィリアムズ ロバート・クビサ
ジョージ・ラッセル
トロロッソ・ホンダ ダニール・クビアト

お分かりのようにかなりシャッフルされます。

変わらないのはメルセデスとハースのみ。
マクラーレン、ザウバー、ウィリアムズのドライバーが一新されます。

楽しみなのは以下。

  • シャルル・ルクレール(フェラーリ):ベッテルと同じマシンでどこまでパフォーマンスを発揮出来るか?
  • ダニエル・リカルド(ルノー):遅いマシンでも戦うことができるか?
  • キミ・ライコネン(ザウバー):ザウバーでも安定したパフォーマンスを見せられるか?
  • ロバート・クビサ(ウィリアムズ):復活のクビサを応援します。
  • ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ):F2で見せつけたパフォーマンスをF1でも発揮出来るか?

2019年は圧倒的にウィリアムズが楽しみです。
2018年シーズンのような非力なマシンだと興ざめなので、ウィリアムズはいいマシンを用意して欲しいと思います。
それが出来れば、一番応援したいチームになります。

トロロッソ・ホンダのドライバーは?

決まっていないのはトロロッソ・ホンダの1席のみです。
ブレンドン・ハートレーがF1に残ることは出来ないといわれています。

そこで、色々な人が候補としてあがりました。

  • ダニエル・ティクトゥム
  • アレクサンダー・アルボン
  • 山本尚貴

ダニエル・ティクトゥムはレッドブルの育成ドライバーなので、何とかF1に昇格させたいのでしょうが、ライセンスポイントが現状で35ポイントしかありません。

あと5ポイントを何とかしてとりたいところです。

ティクトゥムが不確定なので、トロロッソ・ホンダのドライバーがなかなか決まらないのです。

ティクトゥムがダメな場合は誰になるのでしょうか?

ヘッドラインでは「2019年F1ドライバーラインアップの確定ももうすぐ。」と書きましたが、現時点では全く分かりません。

スーパーフォーミュラとスーパーGTに勝った山本尚貴もありなのかも。(スーパーGTではジェンソン・バトンと組んでチャンピオンになっているので、それがうれしかった。)

レッドブルはどうにかしてダニエル・ティクトゥムにあと5ポイントを取らせようとするはずです。

ティクトゥムの今後の動向に注目です。

……

面白いのはウィリアムズのドライバーに決まったロバート・クビサはスーパーライセンスを失効しているという事実です。

参照 F1 Topic:F1復帰が発表されたクビカ。3年前に失効しているスーパーライセンスも特例で発給か(auto sport)

(追記)

アレクサンダー・アルボンに決まってしまいました。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン