フランスGP・FP2でホンダF1のパワーユニットにトラブル。レッドブル・ホンダの誕生はうれしいですが、ちょっと心配。


image by Runner Lambda 

今週はアロンソのル・マン優勝、レッドブルがホンダのPUを載せるということ、と大きなニュースがありました。

どちらも来年はどうなるのか期待させてくれます。(アロンソはインディかな?)

しかし、週末は今年のF1ですね。

久しぶりのフランスGPはポール・リカール・サーキットです。
エスケープゾーンの模様が独特ですね。

スポンサーリンク
AdSence

FP2:ハートレーにエンジントラブル

FP2の残り数分になって、ハートレーがストップ。

排気管から炎が見えました。

これはエンジンかな。

レッドブル・ホンダの誕生で喜んだ矢先のエンジントラブルで心配の方が強くなりました。

まあ、今年はあと10戦以上ありますので、徐々に信頼性を上げていって欲しいところです。

ガスリーはトップ10に入っているので、予選は楽しみですが、一抹の不安はぬぐえません。

FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’32.23125
2バルテリ・ボッタスメルセデス1’32.37129
3ダニエル・リカルドレッドブル1’32.52725
4キミ・ライコネンフェラーリ1’33.00323
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.17219
6ロマン・グロージャンハース1’33.31822
7マックス・フェルスタッペンレッドブル1’33.33115
8ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’33.68523
9セルジオ・ペレスフォース・インディア1’33.71926
10ケビン・マグヌッセンハース1’34.10823
11カルロス・サインツルノー1’34.25825
12エステバン・オコンフォース・インディア1’34.48414
13シャルル・ルクレールザウバー1’34.51321
14マーカス・エリクソンザウバー1’34.59221
15ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’34.66425
16フェルナンド・アロンソマクラーレン1’34.86220
17ランス・ストロールウィリアムズ1’34.88128
18ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’34.99324
19ストフェル・バンドーンマクラーレン1’35.02124
20セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’35.10525

FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ルイス・ハミルトンメルセデス1’32.53927
2ダニエル・リカルドレッドブル1’33.24331
3マックス・フェルスタッペンレッドブル1’33.27124
4キミ・ライコネンフェラーリ1’33.42629
5セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’33.68935
6ロマン・グロージャンハース1’33.69930
7バルテリ・ボッタスメルセデス1’34.1567
8フェルナンド・アロンソマクラーレン1’34.40024
9ケビン・マグヌッセンハース1’34.45733
10ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’34.53535
11ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’35.06730
12カルロス・サインツルノー1’35.08633
13ストフェル・バンドーンマクラーレン1’35.17228
14シャルル・ルクレールザウバー1’35.58333
15ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’35.69731
16エステバン・オコンフォース・インディア1’35.70525
17ランス・ストロールウィリアムズ1’35.93634
18セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’35.97035
19セルジオ・ペレスフォース・インディア1’36.08013
20マーカス・エリクソンザウバー

FP1よりFP2の方がタイムが落ちてます。
風の影響みたいです。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン