フランスGP・FP2でホンダF1のパワーユニットにトラブル。レッドブル・ホンダの誕生はうれしいですが、ちょっと心配。


image photo by Runner Lambda 

今週はアロンソのル・マン優勝、レッドブルがホンダのPUを載せるということ、と大きなニュースがありました。

どちらも来年はどうなるのか期待させてくれます。(アロンソはインディかな?)

しかし、週末は今年のF1ですね。

久しぶりのフランスGPはポール・リカール・サーキットです。
エスケープゾーンの模様が独特ですね。

スポンサーリンク
AdSence

FP2:ハートレーにエンジントラブル

FP2の残り数分になって、ハートレーがストップ。

排気管から炎が見えました。

これはエンジンかな。

レッドブル・ホンダの誕生で喜んだ矢先のエンジントラブルで心配の方が強くなりました。

まあ、今年はあと10戦以上ありますので、徐々に信頼性を上げていって欲しいところです。

ガスリーはトップ10に入っているので、予選は楽しみですが、一抹の不安はぬぐえません。

FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.231 25
2 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’32.371 29
3 ダニエル・リカルド レッドブル 1’32.527 25
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’33.003 23
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’33.172 19
6 ロマン・グロージャン ハース 1’33.318 22
7 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’33.331 15
8 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’33.685 23
9 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’33.719 26
10 ケビン・マグヌッセン ハース 1’34.108 23
11 カルロス・サインツ ルノー 1’34.258 25
12 エステバン・オコン フォース・インディア 1’34.484 14
13 シャルル・ルクレール ザウバー 1’34.513 21
14 マーカス・エリクソン ザウバー 1’34.592 21
15 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’34.664 25
16 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’34.862 20
17 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’34.881 28
18 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’34.993 24
19 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’35.021 24
20 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’35.105 25

FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’32.539 27
2 ダニエル・リカルド レッドブル 1’33.243 31
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1’33.271 24
4 キミ・ライコネン フェラーリ 1’33.426 29
5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’33.689 35
6 ロマン・グロージャン ハース 1’33.699 30
7 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’34.156 7
8 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1’34.400 24
9 ケビン・マグヌッセン ハース 1’34.457 33
10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1’34.535 35
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’35.067 30
12 カルロス・サインツ ルノー 1’35.086 33
13 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1’35.172 28
14 シャルル・ルクレール ザウバー 1’35.583 33
15 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1’35.697 31
16 エステバン・オコン フォース・インディア 1’35.705 25
17 ランス・ストロール ウィリアムズ 1’35.936 34
18 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1’35.970 35
19 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1’36.080 13
20 マーカス・エリクソン ザウバー

FP1よりFP2の方がタイムが落ちてます。
風の影響みたいです。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン