2018年F1シーズンを闘う4つのエンジンに火が入った。メルセデス・フェラーリ・ルノー・ホンダ、PU始動!


image photo by Stephen Grimes 

2018年F1は2017年同様、メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4つのエンジンで戦いが繰り広げられます。

メルセデスが3チーム、フェラーリが3チーム、ルノーが3チーム、ホンダが1チームです。

  • メルセデス:フォース・インディア、ウィリアムズ、メルセデス
  • フェラーリ:ハース、ザウバー、フェラーリ
  • ルノー:レッドブル、マクラーレン、ルノー
  • ホンダ:トロロッソ

各エンジンの最初の始動がネットで公開されましたので、まとめておきます。

スポンサーリンク
AdSence

メルセデス:Mercedes M09 EQ Power+

YouTubeMercedes-AMG Petronas Motorsport

フェラーリ:Ferrari 063

ルノー:Renault R.E.18

ホンダ:Honda RA618H

YouTubeScuderia Toro Rosso

まとめ

いよいよ2018年エンジンの音が聞けました。

もうすぐテストが始まります。

2018年のF1も開幕が近くなってきました。

エンジンに火が入ると盛り上がりますね。

音を比較するとメルセデスとフェラーリがいい感じです。

最もしょぼいのがルノーかと。

もう少し、いい音で録音して欲しかったです。

映像もカッコ悪い。

トロロッソ・ホンダはまずまずの映像ですね。

スイッチ一発で始動したのもいいです。

今年のホンダエンジンがどれほどのパフォーマンスを示すのか、気になって仕方ありません。

マクラーレン・ルノーは主張するほどのパフォーマンスを見せるのでしょうか?

今年はトロロッソとレッドブルに注目したいと思ってます。

プレシーズンテストはバルセロナ(カタロニア・サーキット)で始まります。

2月26日が待ちきれません。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン