F1 2017 モナコGP決勝:ライコネンのピット後、ベッテル猛プッシュで逆転優勝!フェラーリのモナコ優勝は16年ぶり! バトンは最下位になりたくなかったのかな、無理してクラッシュでリタイア。


image by CANNIK 

F1第6戦、モナコGPは抜きにくいサーキットです。

予想されたとおり、コース上でのオーバーテイクはほとんどありませんでした。

見所はフェラーリ同士のトップ争いでした。

スポンサーリンク
AdSence

マクラーレン・ホンダは両車リタイア

レース終盤、バトンは最後尾を走っていましたが、前をいくパスカル・ウェーレインにしびれを切らし、インをつきます。

結局、クラッシュしリタイアしてしまいました。

そのセイフティカー明けに10番手を走っていたバンドーンはペレスにインを刺され曲がりきれずにクラッシュ。ペレスは強引すぎです。

結局、マクラーレン・ホンダは2台ともリタイアとなってしまいました。

なかなかポイントが取れませんね。

ホンダのMGU-Hは2戦しか保たないと言われていますし、今後も厳しい戦いが続きそうです。

フェラーリ、ワンツーフィニッシュ

ポールでスタートしたライコネンに勝って欲しかったのですが、ライコネンのタイヤ交換後、ベッテルの凄まじいプッシュによって逆転されてしまいました。

フェラーリはモナコになかなか勝てなかったので、16年ぶりのモナコ勝利(シューマッハ以来)を飾っています。

さすがベッテルです。

ベッテルの猛プッシュが印象に残ったレースでした。

……

メルセデスはモナコでは目立ちませんでした。
メルセデスの車は回頭性が良くないのかもしれません。

結果

F1 2017 第6戦 モナコGP
モンテカルロ市街地サーキット – 全78周(2017.5.28)

ジェンソン・バトンが15グリッド降格になってしまったことが残念です。
結局最後尾からのレースはいいところがありませんでした。

順位ドライバーチームポイント
1セバスチャン・ベッテルフェラーリ25
2キミ・ライコネンフェラーリ18
3ダニエル・リカルドレッドブル15
4バルテリ・ボッタスメルセデス12
5マックス・フェルスタッペンレッドブル10
6カルロス・サインツトロ・ロッソ8
7ルイス・ハミルトンメルセデス6
8ロマン・グロージャンハース4
9フェリペ・マッサウィリアムズ2
10ケビン・マグヌッセンハース1
11ジョリオン・パーマールノー
12エステバン・オコンフォース・インディア
13セルジオ・ペレスフォース・インディア
r(72)ランス・ストロールウィリアムズ
r(71)ダニール・クビアトトロ・ロッソ
r(66)ストフェル・バンドーンマクラーレン
r(64)マーカス・エリクソンザウバー
r(60)パスカル・ウェーレインザウバー
r(60)ジェンソン・バトンマクラーレン
r(15)ニコ・ヒュルケンベルグルノー

ドライバーズ・ランキング

順位ドライバー(チーム:No)ポイント
1セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5)129
2ルイス・ハミルトン(メルセデス:44)104
3バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77)75
4キミ・ライコネン(フェラーリ:7)67
5ダニエル・リカルド(レッドブル:3)52
6マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33)45
7セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11)34
8カルロス・サインツ(トロ・ロッソ:55)25
9フェリペ・マッサ(ウイリアムズ:19)20
10エステバン・オコン(フォース・インディア:31)19
11ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27)14
12ロマン・グロージャン(ハース:8)9
13ケビン・マグヌッセン(ハース:20)5
14パスカル・ウェーレイン(ザウバー:94)4
15ダニール・クビアト(トロ・ロッソ:26)4
ジョリオン・パーマー(ルノー:30)[11]
マーカス・エリクソン(ザウバー:9)[11]
ランス・ストロール(ウイリアムズ:18)[11]
フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14)[12]
アントニオ・ジョビナッツィ(ザウバー:36)[12]
ストフェル・バンドールン(マクラーレン:2)[13]
ジェンソン・バトン(マクラーレン:22)

コンストラクターズ・ランキング

順位チームポイント
1フェラーリ196
2メルセデス179
3レッドブル97
4フォース・インディア53
5トロ・ロッソ29
6ウィリアムズ20
7ルノー14
8ハース14
9ザウバー4
10マクラーレン[12]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン