F1 2018 第3戦・中国GP決勝:トロロッソ・ホンダの同士討ちが勝負の綾。


image by Artes Max 

中国GP決勝のトロロッソ・ホンダはまったくいいところがありませんでした。

第2戦の好結果をうけて、さらに活躍を期待していたのですが…

チーム内のドライバー同士が接触するという最悪の事故がおきてしまいました。

トロロッソ・ホンダにとっては最悪だったのですが、この接触が中国GPを面白くしてくれました。

スポンサーリンク
AdSence

リカルドのシューイが見られた

トロロッソ・ホンダの同士討ちによって、セーフティカーが出され、その時点でトップ集団を形成していた、ベッテル、メルセデス勢はステイアウトします。

その好機にタイヤ交換を行ったのはレッドブル勢。

レッドブル対メルセデス、フェラーリはタイヤがフレッシュなレッドブルが完全に優位に立ちます。

そして勝利を掴んだのはダニエル・リカルド。

フェルスタッペンはアグレッシブすぎて、ベッテルと接触し、レッドブルのワン・ツーフィニッシュをふいにしてしまいました。

今日のレースはリカルドの気持ちいいパスが見られたのでグッドでした。
さらに表彰台ではシューイも。

リカルドは大したドライバーです。

ハートレーは不運続き

ブレンドン・ハートレーは2戦連続のバードストライクでフリー走行から苦労していました。

また、決勝ではギアボックス・トラブルでリタイアしてしまいました。

ハートレーは憑きがないですね。

苦境にもポジティブな発言が多いので良い成績を残して欲しいです。

結果

F1 2018 第3戦 中国GP
上海インターナショナル・サーキット – 全56周(2018.4.8)

ヘルマン・ティルケがデザインしたストップ・アンド・ゴーのサーキット。
2本のロングストレートがある。

中速から高速コーナーが多いので、ストレートスピードだけでなく、コーナーでのダウンフォースも必要。

「上」を模したコースレイアウトなので、大きく回り込むようなコーナーが特徴。

順位ドライバーチームポイント
1ダニエル・リカルドレッドブル25
2バルテリ・ボッタスメルセデス18
3キミ・ライコネンフェラーリ15
4ルイス・ハミルトンメルセデス12
5マックス・フェルスタッペンレッドブル10
6ニコ・ヒュルケンベルグルノー8
7フェルナンド・アロンソマクラーレン6
8セバスチャン・ベッテルフェラーリ4
9カルロス・サインツルノー2
10ケビン・マグヌッセンハース1
11エステバン・オコンフォース・インディア
12セルジオ・ペレスフォース・インディア
13ストフェル・バンドーンマクラーレン
14ランス・ストロールウィリアムズ
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
16マーカス・エリクソンザウバー
17ロマン・グロージャンブハース
18ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
19シャルル・ルクレールザウバー
r(51)レンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ

ダニエル・リカルドのパッシングは気持ちいいです。
チャンピオンになって欲しいドライバーの一人です。

ドライバーズ・ランキング

順位ドライバー(チーム:No)ポイント
1セバスチャン・ベッテル(フェラーリ:5)54
2ルイス・ハミルトン(メルセデス:44)45
3バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ:77)40
4ダニエル・リカルド(レッドブル:3)37
5キミ・ライコネン(フェラーリ:7)30
6フェルナンド・アロンソ(マクラーレン:14)22
7ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー:27)22
8マックス・フェルスタッペン(レッドブル:33)18
9ピエール・ガスリー(トロロッソ:10)12
10ケビン・マグヌッセン(ハース:20)11
11ストフェル・バンドーン(マクラーレン:2)6
12カルロス・サインツ(ルノー:55)3
13マーカス・エリクソン(ザウバー:9)2
14エステバン・オコン(フォース・インディア:31)1
セルジオ・ペレス(フォース・インディア:11)[11]
シャルル・ルクレール(ザウバー:16)[13]
ブレンドン・ハートレー(トロロッソ:28)[13]
ランス・ストロール(ウイリアムズ:18)[14]
ロマン・グロージャン(ハース:8)[15]
セルゲイ・シロトキン(ウイリアムズ:35)[15]

コンストラクターズ・ランキング

順位チームポイント
1メルセデス85
2フェラーリ84
3レッドブル55
4マクラーレン28
5ルノー25
6トロロッソ・ホンダ12
7ハース11
8ザウバー2
9フォース・インディア1
10ウィリアムズ[14]

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン