2018年F1バルセロナ・プレシーズンテストのまとめ

今年のプレシーズンテストは気持ちよかったですね。

ホンダのPUは抜群の信頼性を見せてくれました。
4日間、PUはノートラブルです。

1回目のバルセロナテストは信頼性重視だったので、大成功でした。

マクラーレン・ホンダの不振が嘘のようです。

このページではテスト4日間の結果をまとめておきます。

スポンサーリンク
AdSence

2018年プレシーズンテスト1日目(2月26日)

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 ダニエル・リカルド レッドブル ミディアム 1分20秒179 105
2 バルテリ・ボッタス メルセデス ミディアム 1分20秒349 58
3 キミ・ライコネン フェラーリ ソフト 1分20秒506 80
4 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー ミディアム 1分20秒547 73
5 フェルナンド・アロンソ マクラーレン スーパーソフト 1分21秒339 51
6 カルロス・サインツ ルノー ソフト 1分22秒168 26
7 ルイス・ハミルトン メルセデス ミディアム 1分22秒327 25
8 ブレンドン・ハートレイ トロロッソ・ホンダ ソフト 1分22秒371 93
9 ランス・ストロール ウィリアムズ ソフト 1分22秒452 46
10 ロマン・グロージャン ハース ソフト 1分22秒578 55
11 マーカス・エリクソン ザウバー ソフト 1分23秒408 63
12 ニキータ・マゼピン フォース・インディア ミディアム 1分25秒628 22
13 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ ソフト 1分44秒148 28

一日目はホンダのPUがどうなるのかドキドキしていましたが、ノートラブルで順調に走行しました。

ブレンドン・ハートレイはホンダのエンジンがとても気にいったようです。

メルセデス、レッドブル、フェラーリの3強は今年も強さを見せています。

2018年プレシーズンテスト2日目(2月27日)

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ ソフト 1分19秒673 98
2 バルテリ・ボッタス メルセデス ミディアム 1分19秒976 94
3 ストフェル・バンドーン マクラーレン ハイパーソフト 1分20秒325 37
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル ミディアム 1分20秒326 67
5 カルロス・サインツ ルノー ソフト 1分21秒212 65
6 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ ソフト 1分21秒318 82
7 ロバート・クビサ ウィリアムズ ソフト 1分21秒495 48
8 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ ソフト 1分21秒822 52
9 エステバン・オコン フォース・インディア ソフト 1分21秒841 79
10 シャルル・ルクレール ザウバー ソフト 1分22秒721 81
11 ケビン・マグヌッセン ハース ソフト 1分22秒727 36

マクラーレンのバンドーンのタイムが3強に割って入っているように見えますが、タイヤは柔らかいものを履いています。

マクラーレンは終始、3強に比べて柔らかいタイヤを使っていました。

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはルノーに次ぐ6番手タイムです。

今年はルノーがよさそうな印象を受けましたが、トロロッソ・ホンダもそれほどはなされていません。

ルノーと十分戦えるでしょう。

ウィリアムズはロバート・クビサをテストに使っています。
やっぱりシロトキンよりタイムを出しました。

ロバート・クビサが正ドライバーとして戻ってくることを期待しています。

2018年プレシーズンテスト3日目(2月28日)

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 フェルナンド・アロンソ マクラーレン ウエット 2分18秒545 11
2 ダニエル・リカルド レッドブル No Time 2
3 ブレンドン・ハートレイ トロロッソ・ホンダ No Time 2
4 ロバート・クビサ ウィリアムズ No Time 1
5 マーカス・エリクソン ザウバー No Time 1
6 キミ・ライコネン フェラーリ No Time 0
7 セルジオ・ペレス フォース・インディア No Time 0
8 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー No Time 0
9 ランス・ストロール ウィリアムズ No Time 0
10 ロマン・グロージャン ハース No Time 0
11 ルイス・ハミルトン メルセデス No Time 0

雪でテストにならなかった1日。

タイムを出したのはアロンソだけでした。

ブレンドン・ハートレイは2周のインスタレーションラップをこなし、ホンダエンジンのドライバビリティに感銘を受けたようです。

2018年プレシーズンテスト4日目(3月1日)

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 ルイス・ハミルトン メルセデス ミディアム 1分19秒333 69
2 ストフェル・バンドーン マクラーレン ハイパーソフト 1分19秒854 110
3 セバスチャン・ベッテル フェラーリ ソフト 1分20秒241 120
4 ケビン・マグヌッセン ハース スーパーソフト 1分20秒317 96
5 フェルナンド・アロソ マクラーレン スーパーソフト 1分20秒929 51
6 カルロス・サインツ ルノー ミディアム 1分20秒940 60
7 ランス・ストロール ウィリアムズ ソフト 1分21秒142 54
8 セルジオ・ペレス フォース・インディア ソフト 1分21秒973 65
9 マックス・フェルスタッペン レッドブル ソフト 1分22秒058 35
10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ スーパーソフト 1分22秒134 147
11 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー ソフト 1分22秒507 49
12 バルテリ・ボッタス メルセデス ミディアム 1分22秒768 60
13 シャルル・ルクレール ザウバー ソフト 1分22秒808 59
14 マーカス・エリクソン ザウバー スーパーソフト 1分24秒825 79
15 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ インターミディエイト 1分31秒979 47

午前のウエットコンディションから午後にはドライコンディションに変わった一日。

ウエットコンディションではピエール・ガスリーがトップタイムを記録する場面もありました。

ガスリーはいいドライバーです。

この日、ガスリーはスピードでもいい記録を残しています。

順位 ドライバー チーム km/h PU
1 ケビン・マグヌッセン ハース 336.4 フェラーリ
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 334.3 フェラーリ
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 333.3 メルセデス
4 ピエール・ガスリー トロロッソ 333.3 ホンダ
5 ランス・ストロール ウィリアムズ 331.2 メルセデス
6 セルジオ・ペレス フォース・インディア 331.2 メルセデス
7 シャルル・ルクレール ザウバー 329.2 フェラーリ
8 バルテリ・ボッタス メルセデス 326.2 メルセデス
9 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 324.3 ルノー
10 カルロス・サインツ ルノー 320.4 ルノー
11 マーカス・エリクソン ザウバー 320.4 フェラーリ
12 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 319.5 メルセデス
13 ストフェル・バンドーン マクラーレン 316.7 ルノー
14 マックス・フェルスタッペン レッドブル 313.0 ルノー
15 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 313.0 ルノー

ピエール・ガスリーの最高速はフェラーリやメルセデスにも十分対抗出来るものでした。

タイヤの条件が違うので単純に比較することは出来ませんが、信頼性重視の現状で、この結果は期待できます。

また、トロロッソが4日間を通しての走行距離が全チーム中トップの324周を走行したことを考えても、今年のホンダは大きな進歩を果たしていることが明かです。

来週の第2回テストではパフォーマンスにも注力して、よい結果を残してくれることを願っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン