2018年F1バルセロナ・プレシーズンテストのまとめ

今年のプレシーズンテストは気持ちよかったですね。

ホンダのPUは抜群の信頼性を見せてくれました。
4日間、PUはノートラブルです。

1回目のバルセロナテストは信頼性重視だったので、大成功でした。

マクラーレン・ホンダの不振が嘘のようです。

このページではテスト4日間の結果をまとめておきます。

スポンサーリンク
AdSence

2018年プレシーズンテスト1日目(2月26日)

順位ドライバーチームタイヤベストタイム周回
1ダニエル・リカルドレッドブルミディアム1分20秒179105
2バルテリ・ボッタスメルセデスミディアム1分20秒34958
3キミ・ライコネンフェラーリソフト1分20秒50680
4ニコ・ヒュルケンベルグルノーミディアム1分20秒54773
5フェルナンド・アロンソマクラーレンスーパーソフト1分21秒33951
6カルロス・サインツルノーソフト1分22秒16826
7ルイス・ハミルトンメルセデスミディアム1分22秒32725
8ブレンドン・ハートレイトロロッソ・ホンダソフト1分22秒37193
9ランス・ストロールウィリアムズソフト1分22秒45246
10ロマン・グロージャンハースソフト1分22秒57855
11マーカス・エリクソンザウバーソフト1分23秒40863
12ニキータ・マゼピンフォース・インディアミディアム1分25秒62822
13セルゲイ・シロトキンウィリアムズソフト1分44秒14828

一日目はホンダのPUがどうなるのかドキドキしていましたが、ノートラブルで順調に走行しました。

ブレンドン・ハートレイはホンダのエンジンがとても気にいったようです。

メルセデス、レッドブル、フェラーリの3強は今年も強さを見せています。

2018年プレシーズンテスト2日目(2月27日)

順位ドライバーチームタイヤベストタイム周回
1セバスチャン・ベッテルフェラーリソフト1分19秒67398
2バルテリ・ボッタスメルセデスミディアム1分19秒97694
3ストフェル・バンドーンマクラーレンハイパーソフト1分20秒32537
4マックス・フェルスタッペンレッドブルミディアム1分20秒32667
5カルロス・サインツルノーソフト1分21秒21265
6ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダソフト1分21秒31882
7ロバート・クビサウィリアムズソフト1分21秒49548
8セルゲイ・シロトキンウィリアムズソフト1分21秒82252
9エステバン・オコンフォース・インディアソフト1分21秒84179
10シャルル・ルクレールザウバーソフト1分22秒72181
11ケビン・マグヌッセンハースソフト1分22秒72736

マクラーレンのバンドーンのタイムが3強に割って入っているように見えますが、タイヤは柔らかいものを履いています。

マクラーレンは終始、3強に比べて柔らかいタイヤを使っていました。

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはルノーに次ぐ6番手タイムです。

今年はルノーがよさそうな印象を受けましたが、トロロッソ・ホンダもそれほどはなされていません。

ルノーと十分戦えるでしょう。

ウィリアムズはロバート・クビサをテストに使っています。
やっぱりシロトキンよりタイムを出しました。

ロバート・クビサが正ドライバーとして戻ってくることを期待しています。

2018年プレシーズンテスト3日目(2月28日)

順位ドライバーチームタイヤベストタイム周回
1フェルナンド・アロンソマクラーレンウエット2分18秒54511
2ダニエル・リカルドレッドブルNo Time2
3ブレンドン・ハートレイトロロッソ・ホンダNo Time2
4ロバート・クビサウィリアムズNo Time1
5マーカス・エリクソンザウバーNo Time1
6キミ・ライコネンフェラーリNo Time0
7セルジオ・ペレスフォース・インディアNo Time0
8ニコ・ヒュルケンベルグルノーNo Time0
9ランス・ストロールウィリアムズNo Time0
10ロマン・グロージャンハースNo Time0
11ルイス・ハミルトンメルセデスNo Time0

雪でテストにならなかった1日。

タイムを出したのはアロンソだけでした。

ブレンドン・ハートレイは2周のインスタレーションラップをこなし、ホンダエンジンのドライバビリティに感銘を受けたようです。

2018年プレシーズンテスト4日目(3月1日)

順位ドライバーチームタイヤベストタイム周回
1ルイス・ハミルトンメルセデスミディアム1分19秒33369
2ストフェル・バンドーンマクラーレンハイパーソフト1分19秒854110
3セバスチャン・ベッテルフェラーリソフト1分20秒241120
4ケビン・マグヌッセンハーススーパーソフト1分20秒31796
5フェルナンド・アロソマクラーレンスーパーソフト1分20秒92951
6カルロス・サインツルノーミディアム1分20秒94060
7ランス・ストロールウィリアムズソフト1分21秒14254
8セルジオ・ペレスフォース・インディアソフト1分21秒97365
9マックス・フェルスタッペンレッドブルソフト1分22秒05835
10ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダスーパーソフト1分22秒134147
11ニコ・ヒュルケンベルグルノーソフト1分22秒50749
12バルテリ・ボッタスメルセデスミディアム1分22秒76860
13シャルル・ルクレールザウバーソフト1分22秒80859
14マーカス・エリクソンザウバースーパーソフト1分24秒82579
15セルゲイ・シロトキンウィリアムズインターミディエイト1分31秒97947

午前のウエットコンディションから午後にはドライコンディションに変わった一日。

ウエットコンディションではピエール・ガスリーがトップタイムを記録する場面もありました。

ガスリーはいいドライバーです。

この日、ガスリーはスピードでもいい記録を残しています。

順位ドライバーチームkm/hPU
1ケビン・マグヌッセンハース336.4フェラーリ
2セバスチャン・ベッテルフェラーリ334.3フェラーリ
3ルイス・ハミルトンメルセデス333.3メルセデス
4ピエール・ガスリートロロッソ333.3ホンダ
5ランス・ストロールウィリアムズ331.2メルセデス
6セルジオ・ペレスフォース・インディア331.2メルセデス
7シャルル・ルクレールザウバー329.2フェラーリ
8バルテリ・ボッタスメルセデス326.2メルセデス
9フェルナンド・アロンソマクラーレン324.3ルノー
10カルロス・サインツルノー320.4ルノー
11マーカス・エリクソンザウバー320.4フェラーリ
12セルゲイ・シロトキンウィリアムズ319.5メルセデス
13ストフェル・バンドーンマクラーレン316.7ルノー
14マックス・フェルスタッペンレッドブル313.0ルノー
15ニコ・ヒュルケンベルグルノー313.0ルノー

ピエール・ガスリーの最高速はフェラーリやメルセデスにも十分対抗出来るものでした。

タイヤの条件が違うので単純に比較することは出来ませんが、信頼性重視の現状で、この結果は期待できます。

また、トロロッソが4日間を通しての走行距離が全チーム中トップの324周を走行したことを考えても、今年のホンダは大きな進歩を果たしていることが明かです。

来週の第2回テストではパフォーマンスにも注力して、よい結果を残してくれることを願っています。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン