トロロッソ・ホンダSTR13のパフォーマンスは疑問。


image by Salvatore Freni Jr 

第4戦アゼルバイジャンGPが始まりました。

開催されるバクーはロングストレートを持つ市街地サーキットです。

パワーユニットには厳しいサーキットと言われていますが、今年のトロロッソ・ホンダのマシンに勝ち目はあるのでしょうか?

スポンサーリンク
AdSence

フリープラクティス初日

トロロッソ・ホンダは第2戦のバーレーンで4位に入り、そのパフォーマンスは驚きを持って見られました。

ところが、第3戦では全くいいところがなく、同士討ちまで起こす始末です。

開幕戦のパワーユニットのトラブルといい、本当にパフォーマンスがあるのかどうか、とても疑わしい状況です。

開幕戦以外はエンジンのトラブルは無かったものの、トロロッソ・ホンダにどれほどの期待をしていいのか分からなくなりました。

中国GPの成績が振るわなかったのため、アゼルバイジャンがトロロッソ・ホンダの実力を測るのにはいい機会と思っていたのですが、いかんせん市街地でロングストレートがある特殊な環境のために、今回もパフォーマンスを判断するのは難しそうです。

FP1、FP2共にトロロッソ・ホンダはパッとしません。

良いマシンはどこでも速いので、浮き沈みの激しいマシンはやっぱりダメだということになるのでしょうか?

FP1結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1バルテリ・ボッタスメルセデス1’44.24226
2ダニエル・リカルドレッドブル1’44.27724
3セルジオ・ペレスフォース・インディア1’45.07526
4ルイス・ハミルトンメルセデス1’45.20024
5エステバン・オコンフォース・インディア1’45.27329
6マックス・フェルスタッペンレッドブル1’45.55911
7フェルナンド・アロンソマクラーレン1’46.46525
8セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’46.48028
9ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’46.49218
10セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’46.51318
11ランス・ストロールウィリアムズ1’46.59026
12ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’46.74732
13ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’46.74911
14ロマン・グロージャンハース1’46.85623
15キミ・ライコネンフェラーリ1’46.86110
16シャルル・ルクレールザウバー1’46.87521
17マーカス・エリクソンザウバー1’47.07321
18ケビン・マグヌッセンハース1’47.43418
19ストフェル・バンドーンマクラーレン1’47.96721
20カルロス・サインツルノー1’48.74111

FP2結果

順位ドライバーチームタイム周回数
1ダニエル・リカルドレッドブル1’42.79535
2キミ・ライコネンフェラーリ1’42.86433
3マックス・フェルスタッペンレッドブル1’42.91127
4バルテリ・ボッタスメルセデス1’43.57025
5ルイス・ハミルトンメルセデス1’43.60631
6フェルナンド・アロンソマクラーレン1’43.70034
7エステバン・オコンフォース・インディア1’43.81430
8カルロス・サインツルノー1’43.83436
9ケビン・マグヌッセンハース1’43.97729
10ニコ・ヒュルケンベルグルノー1’44.09133
11セバスチャン・ベッテルフェラーリ1’44.12738
12セルジオ・ペレスフォース・インディア1’44.14231
13ロマン・グロージャンハース1’44.42527
14ランス・ストロールウィリアムズ1’44.49531
15ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1’44.71239
16シャルル・ルクレールザウバー1’44.94030
17セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1’45.00733
18ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1’45.05136
19ストフェル・バンドーンマクラーレン1’45.28829
20マーカス・エリクソンザウバー1’46.0429

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン