2017年のF1はホンダが話題を独占する。


image photo by nhayashida 

今年のF1はまだ開幕戦が終わったばかりです。

しかし、いつもよりハラハラ・ドキドキします。

それはマクラーレン・ホンダのニュースが引っ切りなしに入ってくるからでしょう。

バルセロナテスト以来、あまりにも期待はずれのホンダの状況は、なぜかF1を盛り上げているのでした。

スポンサーリンク
AdSence

期待外れも度を超すとビッグニュース

もともとホンダがF1に戻ってきた2015年、専門家たちはすぐにパフォーマンスを発揮することはないだろうと予想していました。

それは歴史が裏付けていたのです。

1983年にホンダがF1エンジンを供給し始めて、強力なエンジンを作り上げるまでに2年以上の歳月が必要でした。

1983年は第9戦から第15戦まで、スピリットにエンジンを供給。
第16戦からウイリアムズとタッグ(FW09)を組むことになります。

そして最強のエンジンRA166Eが搭載され、タイトルを獲得したのは1986年(FW11)でした。

ホンダがF1でチャンピオンとなるまでには、それだけの時間を要したのです。

2015年にホンダがF1に戻ってきた時、ナイジェル・マンセルはホンダが勝てるエンジンを開発するまで、2年はかかるだろうと指摘していました。

それは1980年代のことを経験しているからです。
とても重みのある指摘でした。

とはいえ、2年目の1984年からウイリアムズ・ホンダは1勝をあげていたので(第9戦アメリカGP)、今とは状況が異なりますが…

……

私はマンセルの言葉を信じて今年こそと思っていたのです。

おそらく誰もがマクラーレン・ホンダの活躍を期待していたでしょう。

ところが、2015年に逆戻りしたかのような体たらくで、ホンダはF1界を驚かせたのでした。

憶測がいっぱい

ホンダの状況があまりにもショッキングだったので、メディアは書きたい放題の様相を呈してきました。

すぐにでもマクラーレンはホンダを切ってメルセデスのエンジンに乗り換えるとか、ホンダをザウバーに押しつけるとか…

それなりにありそうな話なので、とても興味深いです。

肯定したり否定したりのニュースを交互に流すだけでエキサイティングです。

ニュースが現実になってもショッキングですね。

でも、一番面白いのは…

実は私がドキドキしているのは、この状況でマクラーレン・ホンダが勝ってしまったら…という想像をしているからなのです。

今年はエンジン開発に制限がありません。
何でもありなのです。

次のバージョンアップでもしかしたら、勝つかもしれない。
それがダメでもその次のバージョンアップで勝つかもしれない…

そう思い続けていると、とても興奮します。

奇蹟が現実になることほど、ドラマチックなことはないのです。

もし、今年マクラーレン・ホンダが勝つようなことになれば、F1の歴史に栄光の名前「マクラーレン・ホンダ」をまたも刻むことになるでしょう。

この期待は2017年最終戦まで続くのではないでしょうか?

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン