レッドブル・ホンダ RB15、トロロッソ・ホンダ STR14、共にシェイクダウン!

ホンダエンジン「RA619H」を積む2チームのマシンが共にシェイクダウンされました。

最初の走りにはいつもドキドキしてしまいますが、トラブルも無く安心しました。

来週のプレシーズンテストに向けて各チームが次々にマシンを発表しています。

中でも今年のホンダ勢はアクションが速いです。

スポンサーリンク
AdSence

レッドブル・ホンダ RB15、一度切りの限定カラーで登場

RB15のカラーリングが最高にクールです。

昨年の渋い色合いも好きでしたが、今年のシャープな印象がたまらなくカッコいいです。

このカラーのままシーズンを戦って欲しいですね。

マックス・フェルスタッペンによるシェイクダウンも問題無く終了しました。

38周を走行し、フェルスタッペンも上機嫌だったようです。

2019年シーズンはチャンピオンを目指して欲しいと思います。

トロロッソ・ホンダ STR14

トロロッソ・ホンダも同時にシェイクダウン。

こちらの状況は詳しいニュースがありません。
が、トラブルが発生したというニュースもありませんでしたので、順調に完了したのでしょう。

STR14は昨年のレッドブルRB14のパーツを多用しているので、速いんじゃないでしょうか?

昨シーズンは9位に終わってしまいましたが、今年は期待できます。

アレックス・アルボンはどんなドライバーなのでしょうか?
ちょっと不安です。

しかし、ダニール・クビアトはやってくれるでしょう。

ひょっとしたらレッドブルより速いかもしれませんよ。

楽しみです。

© bluelady.jp