ピエール・ガスリーがF1マレーシアGPに出走することが決まって、気になり始めた2018年トロロッソ・ホンダのドライバー


image photo by Jen_ross83 

2017年F1シーズンにおいてカルロス・サインツとダニール・クビアトというドライバーで参戦していたトロ・ロッソは、マレーシアGPでレッドブル・レーシングのリザーブドライバーであるピエール・ガスリーの起用を発表しました。

ダニール・クビアトはこれにより数戦欠場するようです。

2018年からはホンダのパートナーとなるチームであるだけに、今後のドライバーが気になるところです。

サインツはルノーに移籍が決まっているため、2018年のドライバー布陣はクビアトと誰かという組み合わせかと思っていたのですが、そうでもなさそうです。

スポンサーリンク
AdSence

トロ・ロッソのドライバーは長くても3年

トロ・ロッソ(イタリア語でレッドブル)は、チーム名でも分かるようにレッドブルのジュニアチームとして若手ドライバーを起用してきた歴史があります。

過去、トロ・ロッソからセバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンらのドライバーが育っています。

トロ・ロッソはレッドブルにとってドライバー育成のチームと位置づけられるためドライバーは長くても3年で交代してきました。

以下に各トロ・ロッソドライバーの在籍期間をまとめてみます。

  • ヴィタントニオ・リウィッツィ:2年
  • スコット・スピード:2年
  • セバスチャン・ベッテル:1年半
  • セバスチャン・ボーデ(ブルデー):1年半
  • セバスチャン・ブエミ:3年
  • ハイメ・アルグエスアリ:2年半
  • ダニエル・リカルド:2年
  • ジャン・エリック・ベルニュ:3年
  • ダニール・クビアト:約3年(※)
  • マックス・フェルスタッペン:1年と4レース
  • カルロス・サインツ:3年

※ダニール・クビアトは1年トロ・ロッソで過ごした後、1年と4レースをレッドブルに在籍。
その後、フェルスタッペンと交代する形でトロ・ロッソに戻っています。

このように見ていくと、ダニール・クビアトが2018年にトロ・ロッソのドライバーとして残留するということは考えづらいです。

2018年のトロロッソ・ホンダのドライバーは?

マレーシアGPと日本GPで起用されるピエール・ガスリーは2016年のGP2チャンピオンで、2017年は日本のスーパーフォーミュラで、僅差の2位につけているドライバーです。

そうしてみるとベッテルやリカルドクラスのドライバーとして期待できそうです。

マレーシアGPと日本GPさえ無難にこなせれば、2018年のトロロッソ・ホンダのドライバーに確定するでしょう。

では、もう一人のドライバーは誰なのでしょう?

Niko Kari、Dan Ticktum、Neil Verhagen、Richard Verschoor らのレッドブル・ジュニアチームからステップアップしてくるドライバーはいるのでしょうか?(日本読みがわかりませんでした。)

参照 レッドブル・ジュニア・チーム

いずれにしても若手ドライバーとなるでしょう。

ホンダを応援するためにも有名ドライバーを期待したいところですが、チームの性質上。望み薄かもしれません。

……

以前、小林可夢偉がつけていたレースナンバー10番でF1参戦するピエール・ガスリーが、これからの2レースでパフォーマンスを見せるようなら、2018年一推しのドライバーはピエール・ガスリーで決まりです。

もう一人も日本人に馴染めるドライバーだといいのですが。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン