2018年F1バルセロナ・プレシーズンテスト第2回3日目。フェラーリがハイパーソフトタイヤで17秒台に突入。

プレシーズンテストも、あと2日となりました。

各チーム予選シミュレーションに取り組んでいるようで、柔らかいタイヤをはいてスピードをのせてきました。

昨日の午前、あまりいいところがなかったトロロッソ・ホンダは午後からハートレイがきっちりと走り込み、仕上がりの良さがうかがえます。

タイムはレッドブル、メルセデスの2台、フェラーリに続く5番手を記録し、周回数は119周を数えています。

4番目のチームの有力候補と目されていますが、どうなるでしょうか?

マクラーレンも調子を上げています。

スポンサーリンク
AdSence

2018年F1バルセロナ・プレシーズンテスト第2回3日目(3月8日:午前)

今日は各チーム目立ったトラブルもなく、順調にテストを重ねています。

余裕のあるメルセデスや昨日好調だったレッドブル以外は柔らかいタイヤを履いてのテストが目出ちます。

トロロッソ・ホンダはガスリーがステアリングを握っています。

最初はウルトラ・ソフトを履いていて、思うようにタイムが伸びませんでした。

午前のテスト終了間際にハイパーソフトに履き替えてからは徐々にスピードを上げはじめます。

そして、ついに4番手のタイムを記録しています。

しかし、上位チームのメルセデスやレッドブルはまだ本気の走りではありません。

午後からのテストではどのようなタイムが出るでしょうか?

上位チームがタイムを出してきたときトロロッソ・ホンダはどの位置にいるのでしょうか?

楽しみです。

……

午前の結果は以下。

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ Hyper-soft 1分17秒182
2 ケビン・マグヌッセン ハース Super-soft 1分18秒360
3 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー Hyper-soft 1分18秒675
4 ピエール・ガスリー トロロッソ Hyper-soft 1分18秒758
5 ストフェル・バンドーン マクラーレン Hyper-soft 1分18秒855
6 マーカス・エリクソン ザウバー Hyper-soft 1分19秒244
7 バルテリ・ボッタス メルセデス Medium 1分19秒532
8 ロバート・クビサ ウィリアムズ Super-soft 1分19秒629
9 セルジオ・ペレス フォース・インディア Hyper-soft 1分19秒634
10 マックス・フェルスタッペン レッドブル Soft 1分19秒842

ベッテルが17秒台を記録し、各チーム1分20秒を切ってきました。

……

最終結果は以下。

順位 ドライバー チーム タイヤ ベストタイム 周回
1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ Hyper-soft 1分17秒182 188
2 ケビン・マグヌッセン ハース Super-soft 1分18秒360 153
3 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ Hyper-soft 1分18秒363 169
4 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー Hyper-soft 1分18秒675 79
5 カルロス・サインツ ルノー Hyper-soft 1分18秒725 69
6 ストフェル・バンドーン マクラーレン Hyper-soft 1分18秒855 151
7 マーカス・エリクソン ザウバー Hyper-soft 1分19秒244 148
8 ルイス・ハミルトン メルセデス Medium 1分19秒296 84
9 バルテリ・ボッタス メルセデス Medium 1分19秒532 97
10 ロバート・クビサ ウィリアムズ Super-soft 1分19秒629 73
11 セルジオ・ペレス フォース・インディア Hyper-soft 1分19秒634 159
12 マックス・フェルスタッペン レッドブル Soft 1分19秒842 187
13 ランス・ストロール ウィリアムズ Ultra-soft 1分20秒262 67

この分なら予選タイムは1分16秒台が確実です。

昨年の予選のトップタイムはハミルトンが記録した1分19秒149。
今年のマシンはかなり速くなっています。

ガスリーもいい仕事をしました。

© bluelady.jp