ホンダからルノーにパワーユニットを交換するだけで1周1秒のゲイン?


image photo by Paul Williams 

最近のマクラーレンのリリースはホンダをディスるものが多くて困ります。

正式なリリースでは無くスポーツネタの面白おかしい記事も含まれているかもしれませんが、あまり気分のいいものではありません。

昨年からずっとマクラーレンにはいい印象がありません。

以下のような記事を読むと疑わしいと思ってしまいます。

参照 マクラーレン 「ホンダからルノーにPUを変更するだけで1秒速くなる」(F1-Gate.com)

スポンサーリンク
AdSence

2018年、ルノーとホンダの差は46馬力もある?

昨年のデータではルノーとホンダの差は50馬力弱だったと言われています。

そして2018年のルノーエンジンはさらにパワーアップしていると考えられるので、ホンダが2017年のままなら、もっと差が開いていることになるのでしょう。

マクラーレンのいう1秒というのは比較する土俵が違うのではないかと疑っています。

普通に考えると、ホンダが昨年末のままであるわけはないのです。

開幕時点でどれくらいの差があるのかは、フタを開けてみないと分かりません。

今の時点のマクラーレンのコメントは何の信憑性もありません。

さらに、前述の記事には事例としてブラウンGPがホンダからメルセデス・エンジンに載せ替えて強さを発揮したことが書かれていますが、全く説得力がありません。

ブラウンGPが2009年にタイトルを獲得したのはエンジンの差ではありません。

ブラウンGPのマシン「BGP001」はレギュレーションの盲点をついたダブルディフューザーが搭載されていたからこそ開幕からチャンピオンシップをリードできたのです。

つまり、ホンダが作り上げたシャシーによるところが大きいと理解しています。

いいかげんホンダに対するバッシングは止めて欲しいです。

今期のトロロッソには絶対がっばって欲しいです。

出来ることならマクラーレンに目にもの見せてやって下さい。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン