2019年 F1バルセロナテスト2日目午前

バルセロナテスト初日を終えて、レッドブル・ホンダは4番手タイムで128周を走行。
トロロッソ・ホンダは6番手タイムで77周を走行しました。

パワーユニットにトラブルは無く、順調な滑り出しです。

しかし、私としてはかなりドキドキしています。

それはレッドブルがトップ争いを出来るかどうかを考えると、ちょっと足らなそうだからです。

初日のメルセデスやルノーがC1タイヤ(ハード)でタイムを計測し、下位に沈んでいることが不気味です。

スポンサーリンク
AdSence

2019年 F1バルセロナテスト2日目午前

テスト二日目、最初にグラベルにハマったのは、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンでした。

ルーキーですから、仕方ないでしょう。

それ以外は特筆すべきこともなく、各チーム黙々とテストに集中しています。

午前の部の結果は以下の通り。

1FerrariLeclerc1分18秒247Compound 3
2HaasMagnussen1分19秒243Compound 3
3Alfa RomeoGiovinazzi1分19秒312Compound 4
4McLarenNorris1分19秒489Compound 2
5Red BullGasly1分19秒814Compound 3
6RenaultRicciardo1分19秒886Compound 3
7MercedesHamilton1分19秒928Compound 3
8Toro RossoAlbon1分20秒046Compound 3
9Racing PointStroll1分20秒433Compound 3

Hamilton74周
Leclerc73周
Gasly69周
Giovinazzi62周
Albon61周
Norris53周
Stroll45周
Magnussen33周
Ricciardo28周

昨日と同様にフェラーリが好調です。

レッドブルのガスリーは中段。

レースでも中段を争うようなら期待外れということになってしまいます。
本番ではどうなるでしょうか?

……

今日もウィリアムズは間に合いませんでした。

はやくクビサに出てきて欲しい。

© bluelady.jp

スポンサーリンク
AdSence
AdSence

シェアする

フォローボタン