F1 2019 第4戦・アゼルバイジャンGP FP:バクー市街地コースならではのアクシデント発生!


Image by maksym niezhentsev from Pixabay

 

アゼルバイジャンGPが開催されるバクー市街地サーキットは常にアクシデントが発生します。

滑りやすい上に狭く曲がりくねった区間と超ロングストレートが同居したコースのためにクラッシュが多発。

また、市街地故にマンホールが障害物になることがしばしば。

今回もマンホールのフタにジョージ・ラッセルのマシンが接触。
FP1はコースの整備のためにほとんど無くなってしまいました。

スポンサーリンク

ホンダはスペック2エンジンを投入

戦前は20馬力向上のエンジンが搭載されると噂されていました。

しかし、今回は信頼性向上のアップデートだったようです。

新しいエンジンになってもフェラーリには追いつけません。
あるいはルクレールが速すぎるのか?

メルセデスは予選まで実力を見せないので、やっぱりホンダエンジンはまだまだ?

F1 2019 第4戦 アゼルバイジャンGP FP1結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’47.497 5
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’49.598 4
3 ロマン・グロージャン ハース 1
4 ランド・ノリス マクラーレン 1
5 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1
6 ケビン・マグヌッセン ハース 1
7 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1
8 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1
9 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1
10 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1
11 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 3
12 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1
13 ダニエル・リカルド ルノー 1
14 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1
15 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1
16 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1
17 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1
18 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1

ジョージ・ラッセルのマシンのフロアはバラバラになりました。

F1 2019 第4戦 アゼルバイジャンGP FP2結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’42.872 28
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’43.196 28
3 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’43.541 31
4 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’43.793 24
5 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’44.003 31
6 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’44.177 9
7 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’44.183 27
8 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’44.216 33
9 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’44.240 24
10 ランド・ノリス マクラーレン 1’44.295 32
11 ケビン・マグヌッセン ハース 1’44.901 25
12 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’45.366 31
13 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’45.436 28
14 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’45.482 30
15 ダニエル・リカルド ルノー 1’45.483 15
16 ロマン・グロージャン ハース 1’45.618 31
17 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’46.717 24
18 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’47.875 8
19 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’48.121 27

マシン修復のためにジョージ・ラッセルはセッションに参加できませんでした。

新しいエンジンを積んだホンダ勢は概ね好調。
しかし、ピエール・ガスリーが計量指示に従わず(指示が見えなかった?)、ピットスタートの罰則が与えられています。

F1 2019 第4戦 アゼルバイジャンGP FP3結果

順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 シャルル・ルクレール フェラーリ 1’41.604 14
2 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1’41.802 14
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1’42.852 16
4 バルテリ・ボッタス メルセデス 1’43.064 19
5 ルイス・ハミルトン メルセデス 1’43.176 17
6 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1’43.223 18
7 ケビン・マグヌッセン ハース 1’43.294 19
8 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1’43.300 19
9 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント 1’43.430 15
10 キミ・ライコネン アルファ・ロメオ 1’43.537 19
11 ダニエル・リカルド ルノー 1’43.561 20
12 アントニオ・ジョビナッツィ アルファ・ロメオ 1’43.637 20
13 ランド・ノリス マクラーレン 1’43.924 20
14 カルロス・サインツ Jr. マクラーレン 1’43.978 19
15 ランス・ストロール レーシング・ポイント 1’44.039 16
16 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1’44.043 19
17 ロマン・グロージャン ハース 1’44.374 16
18 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1’46.000 19
19 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1’46.290 20
20 ピエール・ガスリー レッドブル・ホンダ 1’47.836 22

やっと全員そろったセッションとなりました。

ガスリーはピットスタートが決まっていいるので、レースを見据えたセットアップ作業を行っていたようです。

波瀾のレースの予感です。

© bluelady.jp





コメント

タイトルとURLをコピーしました